まだ片付いていませんでした

友人が家を売って引っ越すことになりました。大量の食料品をうちに置いていったっきり,ここ暫く連絡なかったのは,どうやら家の片付けに専念しておられたらしい。

引っ越し自体は業者に頼んだらしいのですが,何故か送れないものが大量に残っているらしく,それを暫くうちで預かって欲しいとのこと。10箱くらいというのでOKしたのですが,取りに行ってみたらその倍は残っています。

一旦それを自宅へ運び,夜再び様子見に行ってきました。引っ越しが終わりそうな気配はありません。

賞味期限切れの缶詰,大量のPETボトルの水,なんかの書類,工具,それに箱,箱,箱。大きな衣装ケースです。おそらくこういう箱へ色んなものをばんばんと入れていたため,なんとなく片付いてるように見えてたんでしょう。引越し時には,それらはまさにパンドラの箱。

ばんばんと捨てました。水は全部庭の植物へ,空きボトルはリサイクルボックスへ。大量の衣装ケースはうちへ持って帰りました。玄関前に積み上げて,Free Boxesとでも書いておけば,そのうち近所の人が持って行ってくれるでしょう。

FacebooktwittertumblrmailFacebooktwittertumblrmail

「まだ片付いていませんでした」への6件のフィードバック

  1. 以前引き取られた大量の食料品に、缶詰と大量の
    ペットボトルの水は、備蓄食料と飲料水でしょうか?
    日本でもしきりに備蓄が推奨されていますが、
    収納場所に困ります。戸建てに2人暮らしなのに変だなぁ。
    食料以外の物が多すぎるのでしょう。
    アメリカのお宅は、家自体が大きくて収納スペースも
    たくさんあるのが災いすることもありなんでしょうね。
    以前、1~3年で引っ越しが続いていた時、引っ越しは
    物を整理するチャンスだなぁと感じていましたよ。
    今の家にはもう20年以上。次に引っ越すときが怖いです。

    1. ポージィさん,大量の食料品の中にはいざという時の備蓄品もあったようです。とくに水はそうらしいのですが,買ったのは10年以上前,中身が少々蒸発して消え,へこんでおりました。飲みたくないですよねえ。大量の食料品も,ほぼ全部消費期限切れのものばかりでした。この引越友人も,5年に一度くらい引っ越ししないとだめだと申しておりました。たまには断捨離しないと,ガラクタが増えていくばかりです。

  2. 「そうだ!LiLAさんを呼ぼう!」
    「そうだウルトラマンを呼ぼう!」の感じでよろしく。

  3. ずいぶん前ですが、日本へ帰るのでしばらく荷物を預かって欲しいと頼まれた人が、その日本へ帰った人が国際スパイ容疑にかけれられて、他預かった人は全くの無実なのに職を失うという事件がおきました。まさにパンドラの箱、いや、開けなかったとは思いますが。スパイさんとは一度だけ某所のエレベータで一緒になったことがあります。

    1. missssyさん,それはあまりに酷い冤罪じゃないですか。恐ろしすぎます。うかうかと他人の荷物を預かれませんね。「帰国するの?これ持っていってくれない?」っていうのもかなりヤバそうです。知らぬ間に運び屋にでっち上げられてたり。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください