闇夜を照らす深夜の稲妻

昨夜,嵐は過ぎたものの,暫くの間,夜を稲妻が瞬間的に切り裂いていました。一瞬とても明るくなった辺りの様子が,そのまま網膜シルエットに残ります。

スマホで動画撮影して,稲妻の走る瞬間を切り出してみました。ほんの一瞬のできごとなのに,あちこちへと光が走って行く様子がわかっておもしろいです。地面に落ちるだけでなく,空へと走る雷も。

Facebooktwittergoogle_plustumblrmailFacebooktwittergoogle_plustumblrmail

「闇夜を照らす深夜の稲妻」への4件のフィードバック

  1. 東京では夜の稲光はめったにないですが、
    空がパッパッと昼のようになる時、
    音がしないのがかえって不気味です。
    カーテン閉めちゃうかもしれません。
    登り稲妻?そんなのがあるんですね。
    落ちたくても落ちられない?

    1. Chieさん,光だけ音もなく広がるっていうのもありますね。あれは不気味ですが,やっぱりじーっとみちゃいます。登り稲妻は,下に落ちると同時に上にも昇っていくのかも。上空を飛行機が飛んでたりして。

  2. 稲妻だ!
    怖いけどワクワクする光景。もう長いこと見ていません。
    しばらく前、
    「雷がジグザグに落ちるのはなぜ?」
    ってチコちゃんがやってました。
    落ちるだけじゃなくて登っていくのもあるんですね。
    昇り龍~

    1. ポージィさん,雷がジグザグに落ちるのは,まっすぐだと迫力がないから〜,ってことはないか。あの稲妻が見られた瞬間は,得した気分になりますね。おー,いまはっきり見えた,とか叫んでしまいます。いつ落ちるかわからないので,運が良かったーとか思ってしまったり。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください