プラスチック製ミニチュアボトル

ずっと昔,僕が大学院生の頃ですので,まだ世間は徳川幕府の時代でしょうか。研究室の机の上に,ミニチュアの酒のボトルを並べていました。色んな形の可愛らしい小瓶で,ちょっとしたコレクションです。

普段,機内で一杯やるときは必ずワインをもらうのですが,この日は何故かちょっと変わったものをと,スコッチ・ウィスキーを注文。出てきたのが,この小瓶です。

残念ながらプラスチック。そりゃまあ機内ですから仕方ない。でもこれを見て,そう言えば昔,大学の机の上に小瓶を並べてたことを思い出した次第。卒業時に全部処分してしまいましたが,ちょっと乙女チックだったかも。

Facebooktwittergoogle_plustumblrmailFacebooktwittergoogle_plustumblrmail

「プラスチック製ミニチュアボトル」への6件のフィードバック

  1. 鎖国の時代にミニチュアのボトル。
    ポルトガルかオランダからの輸入品でしょうか?

  2. 飲み干してから処分したのか、
    中身入りで捨てたのか、
    そこが気になるところです。

    1. Chieさん,もらった空き瓶もあったかもしれません。飲んで水洗いしたら,どうしても水滴が残ります。それをきれさっぱり除去するには,シリカゲルを入れます。

  3. お酒の小瓶、香水類の瓶、といったもの
    デザイン性に富んでますから並べたくなりますよね。
    でも、ペットボトルじゃいけません、
    風が吹くたびにコンカラカンコーン… と
    ばら撒かれます。

    1. ポージィさん,香水の小瓶も上品なものがありますね。あれはコレクターが多そうです。僕が集めてたら怪しい人になっちゃうけど。機内でもらえるワインの小瓶も,今じゃプラスチックですよ。ぺこんぺこんして,なんか雰囲気でないです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください