ダンスは踊れない

なぜか唐突にJohann Straussのワルツを弾くたくなることがあります。どんだけワルツやポルカを作曲したのか見当もつきませんが,有名所を集めた曲集を持っており,それをひたすら弾き続ける。今じゃ正月っぽいイメージも醸し出してくれるウィンナ・ワルツですが,夏場に演奏したっていいじゃないですか。

手持ちの譜面は,中学生程度のピアノの腕前で弾けるように編曲されたものです。どうやら作曲家本人の編曲らしく(あるいは当時の編曲職人さん?),ピアノ版で稼ごう … いやいや,ご家庭でも楽しめるようにという配慮でしょうか。

シュトラウスのワルツの中には,後年,超難曲に編曲されたものも存在しますが,そういうのはピアニストがコンサートで技術をひけらかすもの。楽しく家の居間でスイングできれば,それでいいんです。

Facebooktwittergoogle_plustumblrmailFacebooktwittergoogle_plustumblrmail

「ダンスは踊れない」への10件のフィードバック

  1. ワルツは一人じゃ踊れませんから、
    なんだったら阿波踊りとかいいかも。
    夏場だし。

  2. この「ドナウ」のシーンを見るといつも、アポロ計画の頃の勢いが続けば2001年の宇宙開発はこうなるはずだったのか、と目が遠くなります。現実の21世紀は、日本のアパレル通販会社社長が「月に行くことにしました!」とかぶち上げて世間が地味にわさわさする程度ですけど、さすがのキューブリックもそこまで予見できませんでしたね。

    1. Hiroさん,PanAmが大気圏の外を飛んでるはずだったのに,会社ごと消えてしまいました。HALはできてませんが,Siriが答えてくれます。宇宙エレベーターがあれば簡単に宇宙へ行けそうですが,大阪城ですらあそこまで叩かれましたからねえ。

  3. 記事のタイトルを見た瞬間、
    「ダ~ンスは うまく踊れ~ない~ ♪」と
    井上陽水さんの歌声が聞こえてきました。
    そういえばずーっと前、LiLA管理人さんのお写真を拝見して、
    井上陽水さんみたいと言ったことがあったなぁ…なんて
    懐かしく思い出しましたよ。
    覚えていらっしゃらないでしょうけれど。
    記事と関係ないコメントですみません。

    1. ポージィさん,井上陽水っぽいっていうのは,サングラスしてたときでしたっけ。あの度付きサングラスまだ持ってるんですが,さすがに度が合わなくて,つけたら頭痛と激肩こりします。日本で作ってくればよかったと後悔しております。次回の帰国で作ろうかな。
      ぅわったすぃのこ,こ,ろぅわ〜,夏んもっよぉお〜

  4. 宇宙エレベータはバリアフリーなのかというのはグレートバリアリーフに三葉虫はいるのかというくらいに難しい問題かもしれません。でも、京都三十三間堂の1032体の仏像の中から陽水風の管理人さんに似た一体を探し出すほうがもっと難しいかもしれません。ちなみに、これらの仏像のほとんどは千手観音ですので、お堂内の顔の数は仏像数の10倍以上になります。

    1. missssyさん,地球の裏側までトンネルを掘って,ブラジルまで楽々移動という話はどうなったんでしょうね。放射線バリアフリーではないと思いますので,ブラジルトンネルにするよりは,水入れてラジウム温泉にしたほうがいいかも。ネットで自分に似た顔を検索したことがあるんですが,あれはあまり精度よくないですね。全然似てない人がヒットしました。某ジャニーズアイドルですけど。

      1. それ国分くんじゃないですか?頭髪の巻き具合を含む外骨格は結構似てると思います。

        1. missssyさん,芸能界詳しくないので名前忘れたんですが,その人じゃなかったです。いま国分太一の写真見てみましたが,たしかにこっちで眼鏡かけた顔なら似てるかも。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください