突然Rameauが弾きたくて

Jean-Philippe Rameauのクラヴサン曲のCDを聴いていたら,突然弾いて見たくなり,楽譜をAmazonで衝動注文してしまいました。簡単に買えるネット通販って,こういうのが良くないです。

それはともかく,Baerenreiter版,これ一冊で多分ラモーのクラヴサン全曲入っている程度の作曲数です。

解説は独仏英で書かれているのですが,曲名はすべてフランス語。曲の日本語解説がどこかにないかと検索したのですが,ラモーの曲ってちょっと通好みなのか,情報は少なめ。

しっかりした編集の楽譜なんですが,困ったことがさらにもう一つ。バロック音楽の楽譜に馴染みがないので,読み方が今ひとつ分からないのです。

左の斜め線とか,(カッコ)とか,なんですか,これ。

斜め線,普通は連打を表しますが,バロック音楽でそれは無いと思います。

カッコ入りの音符って,省略してもいいの?

じゃあ,半カッコは? 気が向いたら弾く?

Facebooktwittergoogle_plustumblrmailFacebooktwittergoogle_plustumblrmail

「突然Rameauが弾きたくて」への4件のフィードバック

  1. いい曲ですね。今回ももちろん視聴してみました。
    バロック調の曲ですね。チェンバロの出番。
    電子ピアノのお陰で思いっきり雰囲気が出ているのではないですか?

    1. いたずらリスさん,チェンバロの曲ですので,もちろん電子ピアノで弾きましたよ。ジャラジャラと,なんちゃってバロックを楽しんでおります。

  2. ラミューじゃなくラモーなんですね。
    YouTubeにひとつありました。
    シャラララン ジャララランとチェンバロの音のような、
    小さく刻む奏法はトレモロとかトリルとかいうのですか?

    1. Chieさん,らみゅーちゃいます,ラモーです。装飾音はトリルの一種なのですが,その弾き方が色々あるんです。そこらへんのお約束ごとが,よくわからんとですよ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください