怪文書スパム

とあるメールがスパムフィルターで引っかかったらしく,消すか通すかのメッセージが来ました。確実にスパムなら,有無を言わさず削除されますが,微妙なものはこちらに判断を委ねられます。

普段なら情け容赦なく削除する国のメールアドレスだったのですが,たまたまそっちからメールが来るかもしれない要件があったのと,メールアドレスが知ってる人の名前っぽかったので,通してみました。もし変なのだったら,そのまま削除すればよいわけだし。

送信されてきたのは,勿論英文です。でもあの国の一般的な人が書く英文とはとても思えない流暢なもので,つい読んでしまったのが運の尽き。

どっかをクリックしろだの,待ってるわ♡お返事してね♡,みたいなのとは全く違って,純粋に英文のみ。そしてその内容は,とある人の秘密を暴露しているようなもの。

なんじゃこりゃ。これが噂に聞く怪文書か。へ〜〜〜と思いながら,削除ボタンをポチりました。

で,この記事を書きながらそのメールの内容を思い出そうと努力してるのですが,思い出せない。誰かの女性関係暴露だったと思うんですが,なんて人の話だっけ。

結論:怪文書を送るなら,送り先を選びましょう。

FacebooktwittertumblrmailFacebooktwittertumblrmail

「怪文書スパム」への6件のフィードバック

  1. バトンとかチェーンメールだったら、
    LiLAさんで止まって良かったです。
    暇な大人がいたもんだ。

    1. Chieさん,最近チェーンメールって無くなってしまいましたね。そもそもメール使う頻度が下がってきてるし。僕が返事を出さないせいかもしれませんが。

  2. えーそうですか?
    管理職になるとメールの行き来多くない?
    私、ボスの代わりに出すメールかなりの数だけどなー。

  3. ツイッターなどであっという間に怪文書・怪情報
    フェイクニュースが拡散する世の中ですが、
    メールで、というのもあるんですね。
    ↓噂話 でピックアップされてのメール送付
    だったのかしら??

    1. ポージィさん,SNSの方が拡散早いだろうに,メールなんかじゃ効率悪いですよね。僕自身,影響力ある人間でもないし,怪文書を送るなら,やっぱり相手を選んだほうがよさそうです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください