デパチカガクチカ

新卒の就職活動に関する新聞記事を読んでいたら,ガクチカなる言葉が出てきて,なんだこれとなりました。「学生時代に力をいれていたこと」の略だそうですが,そこまで略しますか。学食の地下のくらーい食堂みたい。

どういったことを書くのか想像できませんが,部活やボランティア活動に力を入れてましたとか書くのでしょうか。あるいは学問一筋だったとか。

学生時代なんて自分にとっては太古の話ですが,はてさて,何に力を入れていたんでしょう。なんせ9年間も学生をやった身です。力の入れどころに時代の変遷があるかも。

学部時代,ピアノはかなり練習したはず。コンピュータ・プログラムは,学部から大学院にかけて大量に書きました。音楽,最初はLP,それからCDへと変化はあったものの,買い漁ったものが今でも本棚に並びます。変な映画ばかり観ていた時期もあれば,本ばかり読み漁っていた時期もあり。

プログラミングのスキルは就職に有利になったかもしれませんが,その他のガクチカは全部自分一人でやることばかり。チームワーク力が無さそうなので,うちでは要りませんと言われそう。ガクチカには書けません。

Facebooktwittergoogle_plustumblrmailFacebooktwittergoogle_plustumblrmail

「デパチカガクチカ」への8件のフィードバック

  1. 学問で身を立てる頭もなく、
    2年の時に転がり込んだ美味しいバイトをきっかけに
    卒業後もずるずると同じ業界にいるので就活もしていません。
    ガクチカが付いたとしたらそこで学んだ人間関係かもしれない。
    一人っ子の人間知らずだったのでスポンジが水を吸うように観察し、
    次第に人間が面白くなって、
    何処へ放り込まれても相手が人間ならやっていける自信につながりました。

    1. Chieさん,人間観察力は大事ですよ。世の中をうまく行きていくための基本能力です。でも人間関係の観察力を身に着けましたとか就活で言ったら,ちょっと人事の人から引かれるかも。ちなみにうちの職場は,放り込まれる環境がコンピュータの中ですが,やっていけますか。

  2. ガクチカ なる略語は初めて知りました。
    私のガクチカって何かあるかしら??
    通っていた短大の性質上、否応なしにピアノをやりましたが、
    練習してもしてもしてもしても得意な学友の足元にも及ばず、
    音楽の才能の無さを思い知りました。
    初見ですぐ弾けちゃう学友がどれだけ羨ましかったか。
    LiLA管理人さんのことも超羨ましいです。
    で、何も身についていないのでガクチカにはとても書けません。
    他に?取り立ててないですねぇ。通学時間が片道2時間半も
    かかったせいでクラブ活動もバイトもしませんでしたし。
    むなしい。

    1. ポージィさん,ガクチカなんて言われても分かりませんよね。ピアノは子供の頃からやってるほうがどうしても有利になっちゃいます。なんせ体で覚えますもん。あれは才能じゃなくて慣れです(きっぱり)。2時間半を通学時間にかけた,というのはガクチカに書けるんじゃないでしょうか。いかにして座席の空きを見つける能力を身に着けたかとか,立ったまま眠れる能力を身に着けたとか,途中の駅は全部暗記してるとか。

  3. それは学力と知力を合わせた学知力(がくちりょく)のことではないでしょうか。高校の化学の時間に先生が黒板にファンデルワールス力と書いて、「ふぁんでるわーるすかではないですよ。」と言ったのを思い出しました。太古よりも前の話ですね。

    1. missssyさん,高校の化学って全く覚えてないんですが,生物の先生が,両生類やらなんやらを説明しながら「これは美味い」と食レポを付け加えていたのも,学力と食欲を合わせた学食力かもしれません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください