16の後に来る13番

Beethovenの弦楽四重奏曲第16番の終楽章,チェロが愛らしい旋律を奏でる部分があります。今日ジョギングしていて,その旋律が頭から離れず,ついつい歩調も音楽に合ってくるもんだから,走りにくいったらありゃしない。

16番の四重奏曲は,Beethovenの最晩年の作品です。最晩年とくれば深刻・深遠で哲学的な音楽かと思いきや,なんとも軽い調子(に聞こえる)の不思議な音楽です。それ以前の13,14.15番が極めて重たい大作なのに比べ,体何があったんだと思うくらい。

Beethovenの場合,弦楽四重奏曲第16番を書いた後に,13番終楽章を書き直しているので,これが最後というわけではありません。でも最晩年の作品となると,白鳥の歌のセンチメンタルなイメージが付き纏い,実際名作が多いのも事実。

有名なMozartのレクイエムを筆頭に,Brahmsの「4つの厳粛な歌」,Bartokの未完のヴィオラ協奏曲,Bergのヴァイオリン協奏曲,Mahlerの10番の交響曲の断片,Brucknerの第9,Prokofievの7番などなど。

その一方でSchumannの最後の曲は,ちょっと変なピアノの変奏曲。Schubertに至っては書き散らかしとっ散らかしだらけ,おまけに彼の遺作を集めて「白鳥の歌」として出版されたりと,なんだかよく分かりません。

もひとつ変わっているのがChopinで,ピアノの詩人と謳われた彼が最晩年に書いているのがなんとチェロ・ソナタ。ヴァイオリン・ソナタの構想もあったらしく,一体どんな曲になったのだろうと興味は尽きません。

FacebooktwittertumblrmailFacebooktwittertumblrmail

「16の後に来る13番」への6件のフィードバック

  1. 聴いてみました。
    ベートーベン 弦楽四重奏曲16番
    チェロが可愛いのは最後のピッチカートかしら?
    何か吹っ切れたような明るさと優しさの曲でした。
    来年は生誕250周年ですね。

    ショパンのチェロソナタはアルゲリッチとロストロポーヴィチを聴きました。
    ピアノの部分がやっぱりショパンしてました。
    この曲は好きです。

    モーツァルトはチャラいのに(個人的意見)レクイエム暗いーー!

    全部ど素人の感想です。どうぞあしからず。

    1. Chieさん,最後にピチカートでも出てきますね。そのメロディーです。最晩年の作品ながら,なんかふっきれてますよね。ショパンの方は,まさにショパンです。ノクターンとかの晩年の作品は,かなりひねくれたものが多くなってくるのですが,じっくり聴くと良いものがたくさんあります。

  2. ふと、ベートーベンって何歳で亡くなったのだったっけ?と
    Wikipediaを開いてみましたら、56歳とあってショックでした。
    でも、シューベルトもショパンもモーツァルトも30台で亡くなって
    いる当時としては、そこそこ長生きな方だったのでしょうか。
    それにしても、難聴になりながらよくぞ協奏曲だの交響曲だのの
    作曲ができたものと不思議でなりません。
    例えばピアノの右手と左手2パートだけでもとても難しそうに
    思えるのに、たくさんの楽器の音が混ざり合って奏でられる音が
    分かるって、音痴傾向の自分には神業としか思えませんです。
    でも、どなたも皆、多数の楽器を鳴らしながら作曲するわけじゃ
    ないですから、ベートーベンに限らず作曲家はみな天才ですね。

    自分で書きながらなんとも幼稚なコメントに思えてきました。
    スミマセン

    1. ポージィさん,ベートーヴェンは当時としては比較的長生きだったほうでしょうね。芸術家は生活がめちゃくちゃな人が多いので,短命だったのかもしれません。ベートーヴェンは本当に不屈の人でしたね。もっとも伝記を読むと,それなりに人生を謳歌していたようではありますが。作曲の技法というのは,やはり経験と先人の知恵の上になりたってるんだと思います。日々の勉強のたまものなのは,どんな分野でも同じかもしれません。
      と,偉そうなことを言ってみました。

  3. Beehovenの14&15、Bartokのヴィオラ協奏曲,Bergのヴァイオリン協奏曲,Mahlerの10番,Brucknerの第9。これたちにR.StraussのMetamorphosen & 「最期の四つの歌」を加えれば、近年の小猫のList of Favorites ほぼ出来上がりです。これってみんな最晩年、もしや危ない傾向なのでは?あっ管理人さんのおかげで近年Op.111もListに加わりました。これも最晩年!ちなみに小猫、猫平均寿命の5倍生きています。
    PS:管理人さん、この話題なら猫が集まってくるとおもったでしょ。あたり!

    1. Gonnekoさん,もちろん集猫鉄板ネタでございます。なるほど,最後の4つの歌を忘れておりました。Bachのフーガの技法は,あれが最後というわけでもなさそうなので除外です。フォーレのピアノ三重奏曲もいい曲ですよ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください