雨水ならまだしも,その水滴は要りません

裏のデッキでパソコン仕事していると,山の方から雨雲が広がってきました。ゴロゴロと不気味な遠雷も響きます。まだ嵐の季節でもないのに,これは来そうだなと思ってたら,すーっと冷たい風が首筋を撫でました。

幽霊じゃなくて,確実に雨が降るサインです。慌ててデッキ・チェアのクッションを片付け,野外活動必需品のアイスコーヒーとUSBスピーカー,それにノートパソコンを抱えて室内に避難しました。

恐ろしいものを見て背筋が凍るという表現ですが,先日読んでいた本にそれが本当に起こることが書かれていました。危険を察知すると,体温を下げるメカニズムが人間にあるそうです。

じゃあ,キモいものを見たときのゾワゾワ感ってどうなんでしょう。生理的にちょっとどうかなって人が馴れ馴れしく話しかけてきて体を触ったときの,あのぞわ〜〜ってやつとか。

酔っ払うと,男女を問わず触ってくる人っています。そういう人が隣に居た飲み会でのこと。僕の腕に手をかけて話しかけてくる,ただそれだけで鳥肌ものだったのですが,さらに口角泡を飛ばす勢いだったもんだから,腕に水滴が …

これはもうぞわぞわぞわ〜〜〜ですよ。あの時も命の危険を察知した僕の体は,極度に体温を落としていたのかもしれません。

Facebooktwittergoogle_plustumblrmailFacebooktwittergoogle_plustumblrmail

「雨水ならまだしも,その水滴は要りません」への6件のフィードバック

  1. お酒の席はねーーー。
    横並びなのに直角にこっち向いて大声出されたら逃げ場がない。
    私は背中の毛がザワッと立ちます。猫が怒るとこうなります。
    お酒の席で軽い貧血になって手が冷たくなるのは、
    危険を察知してたのかも。と今気が付きました。
    そういえば家で飲む時は貧血しないわ。

    1. Chieさん,犬もくびの毛が立ちますね。ざわざわっと危険察知する能力は哺乳類一般なんでしょうか。髪の毛が逆立つっていうのもありますね。僕は常時そうなってますけど。

  2. 追伸
    ん?と思い背中に触ってみたら毛は生えていません。
    あの感じはなんだろう?
    たしかに毛なんだけど。

  3. 飛行機の中からご覧になったこんな空模様も、
    ちょっと体温下げそうな気がします。
    葉裏の虫の卵びっしりなんぞを見たら、
    しばらくゾワゾワ発作が続きますが、もしやあれも
    危険を察知してのことなのでしょうか。
    本能が逃げろ!避けろ!って言ってるのでしょうかね。
    幸い、お酒の席でべたべた触られたり口角泡を飛ばし‥
    って羽目に陥ったことはないのですが、きっとそういうときも
    本能的に逃げろ!指令が出ているでしょうね。
    その人が感染症にかかっていたら飛沫感染しそうですし。

    1. ポージィさん,卵びっしり!!! あれだめです。ぞわぞわぞわ〜。あれから虫が湧き出て来るところを想像しちゃったじゃないですか。ぞわぞわぞわ〜。
      酒なくても唾飛ばされるのはたまんないです。呂律が回らなくて,よけいに水滴が飛んでくるんでしょうね。たまんないっす。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください