Henleの楽譜を透明シートで補強

以前もやったのですが,透明シートでの楽譜の補強,楽譜が増えてきましたので作業再開しました。とくにこの青っぽい表紙のHenleの楽譜は,お値段結構するくせに表紙の紙がしょぼい。長年使う楽譜ですので,補強が必要です。

使うのはこのConTactという透明シート。このロール一本で楽譜5冊分くらい。作業もだいぶ熟れてきましたし,メモを兼ねて試行錯誤の手順紹介。使用する道具は鋏と長い定規。40cmくらいのがあると便利です。

楽譜見開きのサイズより4cmほど大きめにシートを切ります。厚い楽譜の場合は,背表紙の幅だけ余分に。シートに巻きグセがついてますので少々大変ですが,そこはがんばるしかない。

上の写真のように置いたら,左端からシートの台紙を5cmほど剥がし,台紙にしっかりと折り目を付けます。

左半分を表紙の上へ折返すと,粘着部分が楽譜右端に少し当たりますので,そこをしっかりと貼り付けます。シワが寄ったり,気泡が入らないように注意。

楽譜下側になっている透明シートを引き出して,平らにします。

ここからが腕の見せ所です。定規をシートが表紙に貼られた部分に当てます。すでに剥がされて折り返された台紙を,ゆっくりと引きながら台紙を剥がし,透明シートを表紙に貼っていきます。

台紙を強く引くとシワになります。軽く2cmほど引いたら,手を緩めてシートのつっぱりを緩和し,定規でごしごしと貼り付けていく。粘着力はさほど無く,少しくらいならやり直しできるのでご安心を。

表の表紙を張り終えたら,裏返しに置き,楽譜の上下に下の写真の緑の線のように切れ込みを入れます。

はみ出した透明シートを表紙裏側へ折り込んで貼り付けます。これで表紙完成。

背表紙部分にもしっかりとシートを貼り,今度は裏表紙に上と同様,透明シートを貼っていきます。背表紙部分の貼り付けが緩くなりがちなので注意。

裏表紙に貼り終えたら,表と同様に切り込みを入れ,表紙裏側にシートを折り込みます。背表紙部分に余分な部分が残りますので,それを鋏で切り取ったら完成。

右はシートを貼ったもの。左は新品のシート無し楽譜。色は変わりませんが,粘着ムラはどうしても出てしまいます。まあでも,こうやって補強しておけば,表紙が手垢で汚れることも,ペラ紙表紙が簡単にぼろぼろになることもありません。しかもビニールシートなので,水害にも強い。

なんでピアノの楽譜に水害があるのかというのは,実際にピアノを弾きながら惨事を起こしてしまった人にしか分かりません。

FacebooktwittertumblrmailFacebooktwittertumblrmail

「Henleの楽譜を透明シートで補強」への10件のフィードバック

  1. 東日本大震災の後、窓ガラスの飛散防止の透明シートを売っています。
    が、私には絶対無理。
    本はカバーは外して読みます。
    邪魔臭いもん。
    飲みながら読むなんて行儀悪くないし~~

    1. Chieさん,楽譜って何度も開くし,一生モノなので,少しでも長持ちさせたいんです。高いですし,ちょこちょこと書き込みしますからね。
      ま,飲みながら弾くってのは,深夜の極楽であります。

  2. スマホの保護シートですら、気泡を入れずに貼るのは
    なかなか難しいのに、このくるるん透明シートを
    どうやって綺麗に貼るの?? と興味津々で拝見。
    なるほどね~ 急いては事を仕損じる を肝に銘じつつ
    丁寧な仕事がポイントですね。
    LiLA管理人さんって、こういう繊細な作業お得意なのに
    楽譜に水害及ぼしちゃうこともおありなんですね。
    ピアノは大丈夫でした?

    1. ポージィさん,スマホの保護シートも難しいですよね。気泡が入らなくても,ちょっと歪んでしまったり。ま,透明だからいいやってなっちゃいます。
      問題は,ピアノの隣に置いたスツールの上に楽譜山積みして,その隙間にワイングラスを置くことなんですけどね。そりゃ無理があります。

      1. 旦那様、やっぱり水害なんぞではなくて酒害だったんですね。手前どもが心配しておりましたとおり。とは申せ、そろそろご出立のお支度をなされませんと。かの地でも酒害にはくれぐれもお気を付けくださいませ。

        1. Gonnekoさん,へい,おっしゃるとおり,酒害だったのです。よりにもよって赤でした。でも楽譜はDebussy,ワインも合うんじゃないでしょうか。あれ,Bachでもやったっけな。

  3. 良くできました。パチパチパチ。完璧です。
    私、この内職を日本でやっていたことがあります。図書館の下請け。1冊10円。新書なんかだと効率いいんだけど、百科事典なんか重いし、数できないし、同じ金額なので地獄を見ました。
    楽譜には必須ですよね。まあ私に酒害は起きませんが。

    1. TAMAさん,一冊10円ですか!そりゃ割にあわないですよ。この作業結構めんどいです。小さい本ならもうちょっとやりやすいかもしれませんが。楽譜の場合,日本の楽器屋さんに行けば楽譜カバーが売られているのですが,あれじゃ隙間があって防水になりませんし。

      って,どうしても防水にこだわる。

      1. 正確には 防水ではなく防酒ですね。リケジイなのであくまで正確さにコダワリます。

        1. Gonリケさん,C2H5OH対策としてはウコンだとの認識ですが,あれが飲み屋のメニューにあったのを見たときは,目が点になりました。

TAMA にコメントする コメントをキャンセル

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください