YAMAHA P-125Bを弾いてみました

昨晩,組み立て終わったヤマハのデジタルピアノP-125Bを深夜弾いてみました。ヘッドホンが無かったので,あまり派手な曲は弾けません。Bachあたりをひっそりと。

キータッチですが,さすがに隣に置いてあるグランドピアノには及ばないものの,アップライトよりはずっと本格的です。こんなサイズなのに,微妙な強弱をちゃんと再現するのは見事。ばりばり弾くような曲だと,やはり物足りませんが,普通の曲なら十分です。

音色は24種類。ピアノ,オルガン,チェンバロ,弦楽器など,それぞれ違ったタイプの音色が数種類。さほど多くはありませんが,これは欲しいというところは,きちんと網羅されています。

チェンバロは微妙なアクションのノイズまで再現されており,かなりリアルです。キータッチは全く違いますが,音だけ聞いてると,本物のチェンバロを弾いてるよう。

おもしろいのが,コーラス。これでBachのフーガの技法を弾いてみると,まるで大合唱団を指揮しているよう。パイプオルガンの音色で平均律のフーガも,まるで教会でオルガンを弾いてるよう。普通のピアノは,音を一旦鳴らすとあとは減衰する一方ですが,オルガンは音が続くので,ちょっと良い気分です。

さて本日。今度は本格的にピアノとして弾いてみましたが,音量もしっかりとあり,音だけ聞けば本物のピアノを弾いてると思われるでしょう。強弱のコントロールはかなり微妙です。普通のピアノよりも,タッチのコントロールの練習になるんじゃないかと思うほど。

ただそこは電子音。楽器内部での反響のようなものは電子的に再現されているので,そこは物足りないのは仕方のないところ。おまけに,すぐ隣にグランドピアノが鎮座しております。

というわけで,まずはヘッドホンを用意して,深夜にしっぽりと酒飲みながら弾くのが自分にあってるようです。

Facebooktwittergoogle_plustumblrmailFacebooktwittergoogle_plustumblrmail

「YAMAHA P-125Bを弾いてみました」への4件のフィードバック

  1. チェンバロはアクションのノイズまで再現、とは驚き。ノイズだけでも聴いてみたいものです。あれって楽音とはタイミングが微妙にズレた別系統っぽく出ちゃう音ですもんね。どうズレるか好奇心をそそる!統計的ズレ?それとも系統的ズレ?

    1. Gonnekoさん,キーを上げるときにノイズが入りますので,曲とはちょっとズレた感じで聞こえます。もっとも小さな音ですので,弾いてる人にしか分からないかも。録音機能も付いておりますので,今度録音してみましょう。系統的ズレですかねえ。

  2. わ すご~い。ピアノが2台になりましたね。
    電子ピアノと言えども、ピアノクラスの楽器ともなると
    特別感がかなり高いのですけど、これもアマゾンで
    買えちゃうんですね。ちょっとびっくり。
    24種類も音色が出るとは。しばらくこちらでの深夜の
    お遊び もとい 練習が続きそうですね。
    グランドピアノが拗ねないように気を付けてあげて
    くださいね。

    1. ポージィさん,こんなサイズの商品でも宅配してくれるので便利です。配達のおじさんは苦労してトラックから積荷をおろしておりましたけど。24種類って,この手のデジピでは少ないんですよ。色んな音が鳴るのはセールスポイントの一つになってるっぽいです。どうせじきに飽きちゃうんですけどね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください