ホテルはハーバーサイド

仕事でBay Areaへ来ております。と言っても,Bay Areaがすぐに通じるかどうか不明ですが,San Franciscoの内海側と言えばよいのか。ここに来るときは大体いつも海沿いの同じホテルに宿泊します。車が無いと不便な場所にあるのですが,それでもタイミングが合えばこんな日没を見ることができ,ちょっとしたリゾート気分を味わえます。

ただ仕事で来るような客は,得てして裏側の眺めの無い部屋を充てがわれがち。そこはもう仕事と割り切っていたのですが,

なんと今回の部屋はハーバービュー。部屋のベランダに出れば,ずらっと並んだヨットを眺めることができます。この写真は部屋からのものではありませんが,まあ大体こんな感じ。

建物を出ると,湾に沿って散歩道が続いています。最初の夕日は,その突端まで行って撮ってきたもの。ちなみに海の向こう側がSan Francisco。Golden Gate Bridgeも見えるのですが,写真にすると遠すぎて何が何だか分からない。

翌朝,こちらが本当の部屋からの眺め。日の出前のマリーナ。海が見えるってのはやっぱりいいもんです。

ちなみにこのホテル,時たま部屋代が高騰します。なにか大きな会議が町中であってたりすると,ぽんと$300越えになるようですが,なんかそれって足元見てますよね。別にこのホテルに限りませんけど,さすがに3万円払って泊まるほどのホテルじゃないと思います。

Facebooktwittergoogle_plustumblrmailFacebooktwittergoogle_plustumblrmail

「ホテルはハーバーサイド」への14件のフィードバック

  1. すごく綺麗!! これは感動しますね。
    仕事で訪れていること忘れそう。
    朝起きたとき、ふらっとそのままヨットハーバーに
    お散歩に行きそうになりませんでした?
    何かあるとポンと跳ね上がるお値段。
    繁忙期の航空券もですね。

    1. ポージィさん,仕事で来てることを忘れられるのは日没の一瞬で,その後寒くてあたふたと部屋へ戻りました。朝の散歩に行きたかったのですが,なんと会議開始が8時,そのために朝食は日の出前の6時。散歩どころではありません。

  2. サンフランシスコはいつも霧ですが、このあたりはそうでもないのかな。ホテルリバーサイドといえば陽水、このリバーは三途の川とも噂されています。ホテルカリフォルニアといえばイーグルス、ビバリーヒルズがモデルとも言われています。カリフォルニア大学リバーサイドとなるとロサンゼルスの方ですね。小さな町にある小さな大学ですが、街中に古式ゆかしき巨大ホテルがあります。ちょっといろいろなものがありすぎて、陽水のホテル観に通じるものを感じてしまいます。
    https://www.missioninn.com

    1. missssyさん,昨年秋に来たときは霧だからけでしたね。春は少ないのかも。UCRって,UCLAの影でちょっと目立ちませんよね。古式ゆかしい巨大ホテルとなるとちょっと気になります。行ってみたいとは思いつつも,あちらとはからみが無いですねえ。某クリスチャン系大学もキャンパス内にでっかいホテルがありましたが,おそらくVIP専用で高すぎて泊まれませんでした。

      1. ミッションインはそれほど高くはないようです。とはいえ、一番安い部屋で2万円からですが。建物は建て増しに次ぐ建て増しで、探検気分はたっぷり味わえます。UCRは最近医学部を作ったので、これから大きくなるかも知れませんし、ならないかも。知り合いがいなくなってしまったので、もう行く機会はないかもです。

        1. missssyさん,一番安くて2万円って,結構なお値段ではありませんか。30%くらい寄付金取られてそうなイメージです。迷路のような建物はわくわくしますね。探検してると,自分の部屋に戻れなくなるかも。最近のホテルは四角四面でつまんないです。

  3. 気持ちいいですねー。
    日本だったら写真に人が入りこんで生活感出ちゃいますね。
    日の出の海が動画だったら波音や鳥の声が入って、
    あたかもそこに居るようだったかな。
    「仕事じゃそんな暇ありまへん」 はい。
    海の匂いって場所によって違いませんか?
    ハワイとここは同じでした?
    こんな場所で大きな会議やるんですか。
    逗子のヨットハーバーで会議っておそらくないだろうな。

    missssy 先生ご紹介のホテルはよーろっぱみたいです。
    すっばらしい!
    お金と暇がたっぷりある人が心から羨ましい。

    1. Chieさん,誰もおりませんでした,と言いたいところですが,実はちょっとやばそうな人がおりまして,そそくさと退散しました。動画も考えたんですけど,すごく海風が強くて,寒くてそれどころじゃなかったです。そう言えば磯の香りはしませんでしたね。海藻も見当たらなかったので,水温が低すぎるのかも。あるいはラッコが食べ尽くしたのかも。会議はこのホテルから車で10分,さらにそこからシャトルバスで10分ほど山を登ったところでございます。シャトルバスに乗らずに歩くこともできますが,早朝からがっつりした登山になります。

    2. Chieさん、確かにヨーロッパ風味はありましたね。前の日は夜中まで仕事で議論し(ワイン付き)、翌朝は朝食を抜いて探検していたので、暇はたっぷりありませんでした。中庭を見下ろす一角になにやら不思議な造形があり、ちゃんと覚えていないのですが、牢屋に閉じ込められて殉教した等身の倍はあるような蝋人形だったような、そんなこんなで不思議なというか不気味なところでした。ぜひどうぞ。

  4. ホテルはxxサイドで、陽水さんなのはわかったんですが、それをふつうに拾うのはつまらない。あえて同世代(?)の”もう一度ハーバーライト”を推します。それともハーバーといえばやっぱりありあけ?3枚目写真のグラデーションが素敵です。

    1. ハーバーライトが朝日に変わるのが同世代。1978年。リバーサイドは82年。ヒットしたのは88年なので、ヒット年代からすれば86年の「もう一度」と同世代と解釈することは可能。サイドと再度という関係性を強調することも。有明海は福岡だが、ありあけのハーバーはどうみても横浜なのはなぜ?

      1. とはいえ、もう一度ハーバーライトの方はB面だしリバーサイドと違ってヒットしてない気がします。それでも彼らは再度この曲をレコーディングするわけで(2009年のベストアルバムはたしかに名曲揃い)、再度とサイドの関係性はあるかも。

        有明海ハーバーは、海苔味、ワラスボ味、ムツゴロウ味と各種取り揃えております。なまぐさそう。
        福岡で食べたむっちゃん万十ハムエッグ味は、美味しゅうございました。

        1. 要注意大好き猫娘さん,むっちゃんまんじゅうをみて,あれがムツゴロウであると認識できるかどうかで福岡度チェックができます。ハーバーライトは覚えておりませんが,中学生のころ,幅跳びはちょっと得意でした。

      2. やや、それよりもそれよりも、s、もひとつ増えてませんか??

missssy にコメントする コメントをキャンセル

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください