Hawaii写真落ち穂拾い

Hawaii大学の寮近くにあった公衆電話跡。コレクトコールなんてありましたね。この番号,今も使われてるんでしょうか。電話そのものは撤去され,この張り紙だけが虚しく残っております。

キャンパス内にホームレスかと,一瞬ギョッとしたのですが…

作り物でした。芸術学科の建物にあったので,これもアートらしい。

自動販売機は,お金を入れるのではなく,クレカを使います。さすがハワイ,日本語で使用法が書かれているのですが,Swipeという単語を読めない日本人が「スワイプ」という言葉の意味を知ってるとも思えません。それより下にある中国語の「刷」のほうがピンとくるかも。

Jurassic Parkの撮影が行われた場所に,いまも残る恐竜フェンス。

Ala Moanaショッピングモールにできたユニクロの巨大Tシャツコーナー。何か一枚と思ったのですが,結局Tシャツは買わず,代わりに短パン買って,それでハワイをうろうろ。

日本も同じなのかもしれませんが,ここの支払いがすごかった。他にも服をちょっと買い込んだのですが,一枚ずつバーコードを読み取るのではなく,カウンターの上にボンと全部置けば,一瞬にして合計金額が出ます。思わず店員さんに「センサー,どこにあるの?」と聞いてしまったくらい。


Facebooktwittergoogle_plustumblrmailFacebooktwittergoogle_plustumblrmail

「Hawaii写真落ち穂拾い」への4件のフィードバック

  1. ここ数年ユニクロはオンライで買ってるので、
    レジがそんなだとは知りませんでした。
    どうなってるんだろう?
    教えてもらった?

    1. Chieさん,タグにマイクロチップでも入ってるんでしょうね。支払わずに店を出ようとしたら,万引き防止がけたたましく鳴る仕掛けとか。

  2. 日本のユニクロも同じレジのシステムですよ~。ついでに店員さんが日本人ではない場合も出てきました。(しかし日本語はお上手。)

    あと、商品探すときも、棚に探知機あてて探してくれます。

    1. Sanaeさん,日本もそうなっておりましたか。そのうち,店から出るときに自動的に生産っていうアレになっちゃうかもしれませんね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください