男には縁がない首かしげ

髪を後ろで縛っていると,運転中ヘッドレストに当たって少々具合が悪い。普通の人ならそうでもないのかもしれませんが,なんせ剛毛です。束ねてミニポニテにしたら,乾燥スパゲティ麺一食分の太さです。

車を降りたらヘアバンドで髪を束ねる。こういう動作って普通の男性はしないので,僕も慣れるまでは少々試行錯誤しました。

縛る位置も微妙な工夫が必要です。風呂上がりは少し上で縛ります。でないと濡れた髪が首筋にあたって気持ち悪い。

よく女性が首を傾けてブラッシングするのも,ようやく意味が分かりました。髪を重力にあずけて垂らしたほうが,ブラシをかけやすい。次第に所作がおねえっぽくなってくるのは致し方ない。

真冬は髪内部に熱が溜まるので,耳が寒くない利点はあります。でも暑くなってきたら,耐えきれない。特に逆風に立ち向かいながらジョギングしてると,おそらく凄まじい形相になってることと思われます。そろそろ切り時かも。

Facebooktwittergoogle_plustumblrmailFacebooktwittergoogle_plustumblrmail

「男には縁がない首かしげ」への6件のフィードバック

  1. このさい毛髪のなりたいままに任せ、そのまま本人はベートーヴェンかアインシュタインになっちゃうのが手っ取り早いかも。

  2. ジョギングの時こそちょんまげにすりゃーいいのにと思いました。
    女だって、直毛が良かったわ、くせっ毛が可愛いいのにさ、
    ショートが似合わない、ロングは朝が大変、いろいろあるんです。
    大満足!私ってバッチリ決めてるもんて人は相当オメデタイ。

    LiLAさんの髪がサラサラ真っ直ぐだったら、
    何か違う、やっぱりクリクリがいいってなると思う。
    試しにカツラかぶってみます?
    メンズのロン毛カツラいろいろあるんです~~

    1. Chieさん,ジョギングのときにちょんまげするとですねえ,次第にヘアバンドから髪が漏れてきて垂れて,落ち武者になっちゃうんです。まさに戦に敗れて落ちゆく侍の図です。
      女性でも直毛の人,天パの人,それぞれ人を羨むところありますね。僕らの世代になりますと,男の場合はもっと切実な問題に直面する方が多いですが,それが無いだけよしとしておきますか。

  3. 癖毛には癖毛の、ストレートにはストレートの
    太い毛には太い毛の、猫っ毛には猫っ毛の…
    それぞれ悩みがありますねぇ。
    ちなみに私は一見ストレートっぽいけど実は癖毛。
    面倒なので大きなカーブのパーマかけて、冬はおろして
    夏は結んだり編みこんだり。
    そうそう、ポニーテールに髪を結ぶと、車はもちろん
    電車でも飛行機でも座席のヘッドレスト部分に当たって
    ずっと俯いていなきゃいけないはめになります。
    高さのある背もたれ付きの椅子に座るなかれ。
    疲れても仰向けに寝転がるのもダメ。
    髪を重力に任せるために首を傾げたり仰向いたりは、
    ふむ、自然にするようになってました。
    頭のてっぺんで結ぶときは真下に頭下げてするの?
    これはやったことがありません。

    1. ポージィさん,頭のてっぺん大五郎結びするときは,まず天井向きます。ほぼほぼてっぺんで縛ることができます。これだとヘッドレストに当たらなくて良いのですが,これが危険なのは,縛ってることを忘れて,うっかりそのまま外に出てしまうことがあることです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください