名前だけでは分からない

なんやかんやあって,一面識もない人とメール会話を続けています。話せば長くなるので超簡単に言うと,知らない人と同じ仕事チームになったということ。事務書類の関係上,その人からあれこれ情報を貰わなければなりません。

一番最初のメールは,丁寧に Dear Dr. 〇〇と書きました。あちらからの返事は軽くfirst nameで書かれていたので,あとはしめたもの。その後はタメ口会話です。

さてタメ口とは言っても,そこは礼儀をわきまえた会話です。というのもあちらは女性。さすがに Hey とか言えません。

さて,こちらの知り合いと話していたときのこと。もしやと思い,〇〇って知ってる?と聞いたら

Yeah, he is …

え?彼?

Wikipediaにもfeminine given nameと書かれているので女性の名前のはずなんですが,彼なの?なんかメール連絡するのが億劫になってきた。


FacebooktwittertumblrmailFacebooktwittertumblrmail

「名前だけでは分からない」への6件のフィードバック

  1. トランスジェンダーでないなら、小野妹子みたいな名前の持ち主かもしれません。
    主語抜きでも会話が成立する日本語と違って、欧米の言語は会話中の代名詞で性別がすぐ分かるのが面白いですよね。研究仲間(男性)が会話の中で自分の連れ合いをHeで受けてさらっと話すのを聞いて、さりげないカミングアウトの方法があるなあと密かに感銘を受けました。

    1. Hiroさん,日本だと「ひろみ」と「まさみ」かが微妙な路線ですね。そうなんです,会話中のHeとかSheで性別が特定できます。パートナーがHeもありえますねえ。あとペットのわんちゃんとかも,he, sheで雄雌わかりますが,これはあんまり役立つ情報にはなりません。

  2. 男じゃだめなんですか?(蓮舫さんふうにw)
    Wikipediaに写真がなかったんですね。
    でもまだわかりません。
    人違いってこともあるから。

  3. つい最近、入学願書の性別蘭廃止の動きが全国で
    広がっている云々のニュースが流れてました。
    男性・女性の二分じゃ足りないしそこを区別する必要も
    なくなってきたということでしょうかね。
    He She が無くなったら、全部名前で呼ぶのかな。
    何となく分かれている、名前の男女別も無くなっていく?
    それでスッキリする面や、新たに手間がかかる面など、
    色々な場面がでてきそうですね。

    1. ポージィさん,gender neutralな呼び方は幾つか出ているようですが,まだ定着はしてないようですね。僕が子供のころは出席番号って男女別でしたが,大学生のときは関係なしにあいうえお順でした。名前も男女差がなくなってくるとなると,う〜ん,どうなんでしょう。なんか不便なような,別に困らないような。

Hiro にコメントする コメントをキャンセル

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください