Czerny代わりの指練習

週末,久しぶりに筋トレならぬピアノの指トレでもするかとCzernyを探すも,楽譜棚に見当たりません。どうやら既にお蔵入りしてしまったらしい。じゃあ何か代わりのものをと取り出したのは,Mozartのピアノ協奏曲。

体力的にハードなところはありません。当時のピアノの性能の制限から音域も狭く,Beethovenのようにぶっ叩くこともない。その代り細々した華麗な音型,スケール,アルペジオが散りばめられています。Czernyに比べれば,左右両方の手を程よく使います。ちなみにCzenyは右手酷使。

Mozartのピアノ協奏曲の中でもお気に入りは,20番ニ短調, 21ハ長調, そして27番の変ロ長調。このうち20,21のペアは指トレに丁度よいパッセージが多く,練習にちょうどよい。

ところでMozartって短調の曲は極端に少なく,おまけにイ短調(♯♭無し),ニ短調(♭1個),ト短調(♭2個),ハ短調(3個)ばかりという偏りよう。

そして,短調とペアになる長調の曲がおあることが多いのです。有名なのは40番ト短調交響曲と,41番「Jupiter」。弦楽五重奏第3番ハ長調と4番ト短調。ピアノ協奏曲の20,21もやっぱり姉妹曲。

って,大して多くもなかったか。どうしてこうなってるんでしょうね。

FacebooktwittertumblrmailFacebooktwittertumblrmail

「Czerny代わりの指練習」への6件のフィードバック

  1. Czerny読めませんでした。なんだツェルニーか。
    ピアノを習う子がやるアレですね。

    モーツァルトは苦手なんです。
    食わず嫌いかもと、たまに聞いても良さがわからない。
    モーツァルトさんてキラキラと明るい人だったのかな。
    先日もモーツァルト大好きな友人から映画アマディウスの前で、
    生オーケストラが演奏するのを誘われました。
    バッハなら行くけど。と断りました。
    どっちも頑固と言えば頑固です。

    1. Chieさん,チェルニーです。ピアノを習う子供が怖れ毛嫌いする,あの人です。チェルニーの普通のピアノ曲って結構あるんですが,あんまりおもしろくないです。
      モーツァルトはキラキラしてると思ったらすぐに陰って,結構とらえどころのない曲が多いです。でもさらっと聞いてると,さらっと聞こえてしまうんです。映画の前で生オケですか。なんかブツブツとシーン毎に曲が切れてしまいそう。

    1. Chieさん,あれは表示が変わって,なんだか悲しい順位ばかりでるようになったので落としてしまいました。ポチ応援ありがとうございました。

  2. だめだ。まるでチンプンカンプン。
    昔々、「音楽理論」つーのをやらされて
    泣きそうだったのを思い出しました。
    よく留年せずに済んだってくらい苦手でした。
    必須科目だったのです。

    1. ポージィさん,子供の頃から慣れてますから理論なんていう大袈裟なものじゃないんですが,必須科目で勉強させられるとなると泣きたくなるかもしれません。知らなくったってモーツァルトは楽しめるんですけどね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください