今度は小川の氷でデカダンス

流れる水しぶきが凍って,なんとも言えない造形に。

小さな滝も,段々畑。

川の表面だけが凍り,波の形がそのままに。

FacebooktwittertumblrmailFacebooktwittertumblrmail

6 thoughts on “今度は小川の氷でデカダンス”

  1. 一番上から順に、
    青いクラゲは寂しがり
    頭隠して尻ホッペ隠さず
    骨の手がザリガニキャッチ寸前
    ・・・頽廃的表現と言えたでしょうか?

    1. Chieさん,ザリガニキャッチ寸前は退廃的とは言えませんね。そこはやはり,ザリガニは電気くらげの夢を見るか,でしょう。

  2. 繊細で刹那的で美しくて…
    退廃的な感じは受けませんでした。
    LiLA管理人さんはどんなところに
    デカダンスを感じられたのですか?

    1. ポージィさん,えっと,最初は氷のダンスって書いてて,なんとなくデカダンスの方がウケがいいかな〜と。

コメントは停止中です。