極寒のち雨のWashington DC

Washington DCに到着したのが月曜午後。ちょっとだけ外を歩きましたが,気温マイナス6℃,おまけに北風ぴぃぷぅです。翌朝は放射冷却で更に冷えて,マイナス9℃。セーターを追加し,マフラーを巻き,さらに耳が痛いのでコートのフードまで動員。

気温だけなら,ここLos Alamosの方が低かったりします。でもこちらは日差しがあるのでさほど寒さは感じない。でもあっちの冬は本物の冬だった。

そして昨日,朝から雨です。ホテルをチェックアウトして外に出ると,なんか変な感じです。気温を確認して驚き。

セーターとジャケットを脱いでスーツケースに押し込み,シャツの上に薄手のコートのみ。会議場まで傘さして歩いたら汗かいてました。1月なのに14℃なんて。しかも前日との気温差の激しいこと。さすが政治の中心地。浮き沈み激しい。

FacebooktwittertumblrmailFacebooktwittertumblrmail

「極寒のち雨のWashington DC」への5件のフィードバック

  1. 極寒といっても零下にはなりませんが、雪が降ったり止んだりしている福岡です。先ほどは熊本地方に地震があり、体に感じました。
    しかし凄い温度差ですね。マイナス14度からプラス14度とは。28度差ですか!?どんな格好をすれば良いのか悩みますね。「さすが政治の中心地。浮き沈みが激しい。」とはうまくまとめました。

    1. 大雨注意報発令。大きな雷鳴と共にあっという間に積もり始めました。今季初冠雪です。

    2. いたずらリスさん,福岡でも雪ですか。今年は日本も雪が多いですね。しかも地震も多い。一夜あけたら突然の春のような気温でびっくりでした。会議参加者みな上着を脱いでおりました。ネクタイも外してたかな。

  2. Washington DCは猫の目ですね。
    対応に気を付けないと、ですね。
    東京も昨夜は寒風が吹きすさびムートンのコートでも寒い夜でした。

    1. Chieさん,あちこちのビルの窓の障子の穴から,猫の目でしょうか。どうりで誰かから見られてるような気がしました。寒風吹きぬける東京でしたら,ムートンのコートよりも,ムートン・ロートシルトで散財しましょう。懐も寒くなります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください