穴があったら入りたい

子供の頃,近所に大きな岩が重なってできた洞窟があり,そこを秘密基地として遊び場にしていました。基地1号,2号,悪友らとそんな場所を発見しては,中に入り込んでみる。中で何をして遊んでたのかさっぱり覚えていませんが,マンガ読んだりトランプしたり,だったのかも。

狭い閉鎖空間ってそんな浪漫があります。押入れの奥,屋根裏,床下,変なところを見つけては潜り込んだもんです。そして月日は流れ,中高生になったころは,福岡に点在する古墳の石室を自転車で訪ねてまわるなんてことも。

さらに流れて大学生時代。大分県の小さな村に寝泊まりする機会があり,たまたまその地方の出身だった友人が「近くに古墳があるよ」と言います。そりゃもう行ってみるしかない。玄室にも入れるそうです。

友人三人と狭い入り口をくぐり抜けると,やや広い空間があり,でもそれ以上のものは何もありませんでした。三人がぎりぎり入れる広さです。学術的にさほど重要でないので,そうやって一般に公開というか放置してたのかもしれません。

折角なので記念撮影しよう。三脚も持ち込んだので,それを入り口付近に据え付けて,はいチーズ。

出来上がった写真は,闇夜に浮かび上がる,むさ苦しい男三人のどアップでした。

Facebooktwittergoogle_plustumblrmailFacebooktwittergoogle_plustumblrmail

「穴があったら入りたい」への8件のフィードバック

  1. 男の子って袋や箱が道に落ちてると、
    わざわざそこへ行って蹴ったり踏んだりしません?

    屋根裏、床下、狭い場所、それに箱や袋。
    それを好む動物は他に猫が居ます。

    1. Chieさん,箱に入るのも好きです。おちつく〜ってなります。でも箱が落ちてて蹴りに行くってのはないですねえ。蹴るまえに,何が入ってるか開けてみます。宝箱かもしれないじゃないですか。

  2. わぁ 写真想像しちゃいました。
    フラッシュにギラギラと浮かび上がったアップ!?
    穴があったら入りたいとまではいかないまでも
    絶対覗き込みたくはなります。
    製品情報に重ねて貼ってあるシールも必ず剥がしたく
    なります。
    LiLA管理人さんは少年時代から岩がお好きだったのですね。
    それがなぜかクゥちゃんに受け継がれていたのが
    面白くも不思議です。

    1. ポージィさん,あの写真は思い出しただけでも不気味です。多分処分したと思いますが,トラウマになってます。石好きがなぜワンコに遺伝したのか,不思議ですねえ。クゥはもっぱら火山性の石を拾っておりましたが,惹きつけるものがあったんでしょうか。ここらは石英も多くて,かなり大きな塊が見つかりますよ。所詮ガラスですけど。

  3. でも、写真の穴には入りたくあるまいですよね。
    ただし、そこまで行ってどうなって居るのか見て見たい好奇心が。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください