ケースを交換

今日配達されたAmazon箱から出てきたのは,空のCDケース,10枚入り。壊れたケースをこれと交換します。

壊れたケース,新品のケース,それぞれバラします。CDケースの裏に入ったジャケットの印刷を取り出します。これが無いと雰囲気半減,いや1/100減くらい。透明ケースを買ったのも,このためです。

無事入れ替え完了。爪折れも無く,これでCDがしっかりと固定されました。さて,他の壊れたCDケースを探しましょう。やり方は簡単,本棚から取り出して,しゃかしゃか振ってみるだけ。カラカラしたら壊れてます。でも傷つくかな。

FacebooktwittertumblrmailFacebooktwittertumblrmail

「ケースを交換」への4件のフィードバック

  1. こないだの椅子とテーブルのトリックがはっきり分かりました。
    爪の丸い所が丁度テーブルサイズなんですね。
    この穴を押してディスクを取り出すのが下手で、
    みんなどうしてるのかなーといつも思います。

    1. Chieさん,真ん中を押せばCDが外れる仕組みですが,力の入れ加減が難しいですよね。CDをぱっきんと割ってしまう気がします。そのうちCDだけ別に保存して,ケースは処分しようかと考えています。まだまだ先の話ですが。

  2. CDケースの爪折れ、私は遭遇したことがありませんが、
    LiLA管理人さんは日本でも遭遇されたんですね。
    買い替えられた分は初めから折れてたりしなくて
    良かったです~
    そうそ、ジャケットの印刷、これはやっぱり入れないと
    ですね。雰囲気が違います。
    Cheさんが苦手と仰ってる「ディスクの取り出し」、
    実は私も苦手です。一度でスッと外せたためしがありませぬ。

    1. ポージィさん,日本は何でも製品の質が高いので,こんな爪折れなんてまずないと思います。僕が日本で遭遇したのは,おそらく海外製品でしょう。CDの取り出し,緩くすれば何かの拍子にはずれてしまうし,硬すぎれば取り出せないし,なんかもっと別のケースを開発できなかったものなのかと思います。紙の封筒型のはありますけどね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください