Wien駆け巡り

金曜午後、ようやく仕事から開放され、駆け足でお土産を買ってまわりました。ついでに観光モードの写真も少々。

ドナウ川を挟んで旧市街と反対側に聳える近代的なビル群。Wien国連ビルもこの中にあります。

ドナウは主流と平行してNeue Donauというやや細い川、それにAlte Donauと呼ばれる池のようになった所があり、川岸にはバーやレストランが並びます。夏場にはヌーディストビーチにもなる所もあるんだそうで、ビル群に勤めるビジネスマンらは双眼鏡を常備しているという噂も。



一旦ホテルへと戻り、重たい書類を置いた後、Wienの観光案内でお馴染み「Mozartのト音記号」を撮りに出かけました。

で、ホテルを出た直後問題発生。「はて?あれは何処にあるんだっけ?」学生時のヨーロッパ一人旅で見たのが最後で、それから何度もこの町に来ているにもかかわらず、一度も見た憶えがありません。

郊外の公園だったか、それとも墓地だったか。。。「地球の歩き方」を持って歩行者天国を歩いている日本人観光客に尋ねようかと本気で悩んでいたとき(かなり変な人だと思われそう)、ふと王宮庭園にあるのを思い出しました。こちらがHofburg王宮の写真。



Burggartenまでは歩いてすぐ。無事、パンジーが植えられたト音記号を写真に収めることができました。庭園は、日向ぼっこをしたり楽器を弾く人たちで溢れています。Mozartの前は写真撮影の順番待ちをする観光客の塊。



さほど写真を撮ってまわる暇も無く、すでに夕方。今晩、市庁舎前で若い音楽家による野外コンサートがあるそうです。何時から始まるのか知りませんでしたが、とりあえず行ってみることに。でも会場はまだガラガラで、それもそのはず、9時過ぎからだそうです。



折角なので、市庁舎地下にあるレストランで食事しました。肉にウンザリしているにもかかわらず、メニューにあるウィンナーシュニッツェルを見ると無性に食べたくなってしまい、これを注文。やっぱり一度は食べておかないと。でも出てきた肉の大きさにまたゲンナリ。薄く延ばしてはありますが、やっぱり分量は多いです。

(なんとか)食事を終えてコンサート会場に戻りましたが、開始までまだ1時間あります。翌朝は帰国で慌しいし、見たところテレビ中継もやっているようなので、ホテルに戻ることにしました。

ホテルで荷造りをすませ、ビールを飲みつつテレビのスイッチを入れると、案の定、コンサートの中継をやっています。楽しそうなのでもう一度あそこまで行って見ようかと思案しましたが、会場に溢れる観客の映像を見てやめました。今見ているテレビの映像の実物が目と鼻の先にあるというのは、何だか妙な気分。

FacebooktwittertumblrmailFacebooktwittertumblrmail

10 thoughts on “Wien駆け巡り”

  1. おぉ〜!!美しいト音記号だ〜♪やっぱりこうでなくっちゃ(笑)
    天気も良さそうで最高ですね!!
    1番上の写真や、王宮の写真はまるでポストカードのよう☆

    なかなかの量のお肉ばかりのようで、見ていてお腹一杯になりますね(笑)
    ごっつぁんです!!
    (なんて言っておきながら、あぁ・・・ウィンナーシュニッツェル食べたいなぁ。。。)
    多分スペアリブを完食された方は、この量では全然足りないんでしょうかねぇ。

  2. Mimi☆Kiraさん、僕が最初に見た時はまだ3月だったので、土だけのト音記号だったんですよ。やっぱり花が植えられているといいですね。天気も最高。歩いていると暑いくらいでした。で、カフェを見つける度にふらふらと立ち寄っては冷たいビール…とか、そーゆーことはしてませんよ。

    やっぱウィーンに来たらシュニッツェルですよね。一度は食べないと何か大事なことを忘れた気分です。Kiraさんも夏休みには、ドイツ経由でウィーンを訪問されては如何?
    もっとも夏場のウィーンはめちゃ暑いうえにコンサートはオフシーズンなので、良い事無いですけど。

  3. すごいビルですね。外国のビル群をみると日本は経済大国なんて、井の中のかわず なこといってちゃだめだなあとおもいます。
    この肉の塊はどうも・・・「うし」でしょう、牛肉が嫌いな私にはこの手の料理はにがてです。羊や鹿なんかだといいんですがねえ。

  4. とくさん、この地区だけ見るとニョキニョキとビルが並んでますが、実際にはウィーンは小さな町ですよ。井の中の蛙が実際に外を見て、改めて日本経済の凄さを再確認するやもしれません。
    この肉はうしでございます。豚のシュニッツェルもあるそうですが、鹿と羊はどうなんでしょ。聞きませんねぇ。。。

  5. ウィーン、隣の国ドイツに住んでいるのに、まだ行ったことがありません。
    花であしらったト音記号だなんて、さすが音楽の都ウィーンですね。
    シュニッツェルはここでもいやというほど食べられますが、本場のザッハトルテは一度食べてみたいなぁ。

  6. Kaoluさん、こんにちは。すぐ近くでもなかなか訪ねる機会が無いってよくありますね。僕はまだグランドキャニオンに行ったことがありません。すぐ隣の州なんですが。ホテルザッハーのトルテ、何度か買って帰ったことがあるんですが、甘すぎてあまり好評ではありませんでした。でもあの高級ホテルのカフェで食べると、雰囲気だけでもお金を払う価値がありそうですね。

  7. うまい鹿は北海道のだれかのウチの近く行かないと食べられないみたいですけど、ゲテモノじゃあないですよね。ウシかブタ以外だとエーっていうのはなんとかならないんでしょうかねえ。ブタのシュニッツェルおいしそうですね。

  8. 北海道の誰かのウチの近くって私の家のことでしょうか?
    家の近くじゃ捕れませんよ〜。知床に近い方に行かないと捕れませんから(ーー;)
    鹿のシュニッツェルなんて結構うけるかもしれませんよね。
    羊は微妙かも・・・・。

    私も豚のシュニッツェルの方が好きです。

  9. とくさん、鹿肉は普通に食べますんで、シュニッツェルにしたものもあると思いますよ。鹿肉のグラーシュなら食べたことあります。美味しいですよ。あとウサギさんなんて、ヨーロッパの肉屋に沢山ぶら下がってますね。見た目はエーって感じですけどうまいです。

  10. きみーさん、誰のウチの事でしょうねぇ。。。ここなら時々庭で見かけますけど。
    羊は癖が強いので、ステーキとかには向かないかも。ラムならまだマシですが。
    あ、北海道名物ジンギスカンがあるか。

コメントは停止中です。