遠くから眺める霧のSan Francisco

Berkeleyの宿泊施設は高台にあります.丘の上からSan Franciscoを眺める.この夜景を見るために,どんだけ坂道をスーツケースを引っ張って登ってきたことか.いや実際は,通りかかった人の車に乗せて貰ったんですけどね.

到着当日と翌日は快晴で,日なたにいると日焼けしそうなほどの日差しでした.ところが一夜明けると,深い霧.

霧のサンフランシスコ,想い出のサンフランシスコ,I Left My Heart in San Franciscoなんて曲を思い出しますが,ここはBerkeley,実は遠くから眺めているだけです.

FacebooktwittertumblrmailFacebooktwittertumblrmail

「遠くから眺める霧のSan Francisco」への7件のフィードバック

  1. 霧と言えば漱石がおかしくなったロンドンが浮かびますが、
    サンフランシスコだとロマンチックな歌になるんですね。
    日本じゃ春にはもやと名前が変わるんじゃなかったっけ。

    1. Chieさん,春はあけぼのですが,あけぼのと聞くと缶詰を思い出すのが難点です.ロマンチックじゃないですねえ.

  2. 霧の中に浮かび来る まぁるい影 子熊ちゃん ♪

    印象派絵画を思わせるような霧の木立が幻想的で
    素適ですね。
    その中央付近の木の、下の方の黒いシルエットが
    熊に見えてなりません。気のせいとは思いますが。

    1. 匿名ポージィさん,敷地のゲートの一つが,グリズリーゲートという名前で,あれはやっぱり熊が出没してたんじゃないのかと噂されておりました.グリズリーはちょっと怖いです.ちなみに鹿でしたら,あちゃこちゃにおりました.

  3. タイトルがSan Francisoになってますよ。
    この曲、高校の英語の時間に登場。曲はは先生の趣味だったんでしょうね、きっと。因みにdictationの練習に使われました。

    1. いたずらリスさん,ありゃりゃ,ありがとうございます.修正しておきました.歌詞を聞き取り練習に使うのは,ちょっと難しそうです.その先生,この曲に思い出でもあったのかもしれませんね.失恋とか?

匿名 にコメントする コメントをキャンセル

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください