ちょっとParis,ちょっと上まで登ってみる

一日だけのパリ仕事に来ています.仕事-移動時間比がアホらしいくらいに悪い出張ですが,そこんとこは飲み食いご褒美でカバーするとしましょう.

CDG空港に到着し,そのままRERの駅へと降りて行きます.もう慣れたもの.何度目のパリだろう.

ホテルにチェックインしたのは午後4時.いつもならSorbonne付近の静かなエリア(但し,学生の奇声がたまに聞こえる)に宿を取るのですが,今回はSaint-Lazareにあるホテルです.サン・ラザール,あるいはサラザールみたいに聞こえる,繁華街のど真ん中.付近にはPrintempsやLafayetteといった有名デパートが並びます.

あいにく天気はあまりよくなかったので,散歩がてらLafayetteに入ってみました.この有名な吹き抜けのドームは,上から眺めることができて,

屋上にあがると,こんな風.なんかちょっと拍子抜け.

実はLafayetteの屋上は,知る人ぞ知る展望スポット.なんて大袈裟に言うほど高くはないのですが,真正面にオペラ,彼方にはEiffel塔を眺めることができます.

もっと眺望をのぞみたいならすぐ裏のSacré-Cœurの丘へ登ることもできますが,如何せん天気が悪い.そそくさとホテルへ戻ってきて,パリ初日終了.

Facebooktwittergoogle_plustumblrmailFacebooktwittergoogle_plustumblrmail

「ちょっとParis,ちょっと上まで登ってみる」への20件のフィードバック

  1. デイパックが伏線でパリ1泊に繋がるんだ。深い。
    オペラ座を後ろから撮った写真てなかなかレア。
    箱みたいになってるんですね。

    1. Gonnekoさん,そうなんです,あのデイパックのデビューがパリでした.ラ・ファイエットの屋上には小さなカフェもあって,この箱を眺めながら一杯できますよ.

  2. ドームの外側は地味な傘形
    地味傘の内側は半球形。
    表と裏が合わない気がするんだけど。
    気になるんだけど。

    1. Chieさん,あれ,ほんとうですね.もしかして違うところ見てたのかな.いやー,そんなはずは無いと思うんですが,ワイン探しに夢中で...

      1. どうも私の早とちりみたいです。
        屋上のは傘屋根(そんなのあるのね)だと思う。
        中側のと裏表ではないのね。

        だけどここでもワイン探ししてたんだ。
        (何しに行ったことやら)
        帰りの荷物が重いだろうねえ。

        1. Chieさん,帰りの荷物が重いかどうかは,こちらで栓を抜く誘惑にいかに打ち勝つかにかかっております.荷物で持って帰るのも,お腹に入れて持って帰るのも,重さは同じですよね.

          1. LiLAさん
            おしっこで出さなければ。の前提だとしても、
            瓶の重さはどうします?
            どうせ飲んじゃったくせに。

  3. 内側から見上げると曲面描くドーム型で、
    外から見ると直線的って不思議、と
    私もChieさんとおなじこと思ったんですが、
    ふむ、実は二重になっているのかもしれませんね。

    1. ポージィさん,ステンドグラスが外側に直接面していたら,何かの拍子に割れたときの実害が大きいので,保護のために二重になってるんじゃないでしょうか.もしかしたら隕石が落ちてくるかもしれませんし.

      1. これずっと考えていたのですが、傘のうえにあるドーム状の部分が中から見た場合の丸天井、ドームと傘の間の円筒部分が中から見た場合の白いアーチ状の部分と考えると形態的には説明がつきます。そんなのあり得ない?いや、アリエッティの世界なら。でもそうしたら屋上のカフェでお茶は飲めないか。http://www.aspenmesa.com/blog/12886

        1. missssy 先生
          え~~!そりゃ大胆な!
          いつの間にかここはアリエッティのデパートだったんですか?
          なるほど・・
          でも、直線と曲線がその世界ではしんなりと合わさっちゃう?
          LiLAさんどうぞ計算を。

        2. missssyさん,重力によって場が歪み,円錐状のものがドーム形状に見えているというのはどうでしょう.ビッグバンが傘の上から始まったと考えれば,これはすんなりと説明できます.もちろんお茶飲んでる暇にバリオンに分解されてしまうことでしょう.

          1. 異重力場で飲んだお茶を分解するのは口腔内のプチアリンなのか、胃腔内のペプシンなのか、あるいは腸へ移動してからのトリプシンなのかが気になります。次回パリを訪れる機会があったら、場の歪みを体験レポートしてください。右のほうに上まで登れる階段があるみたいですし。

            1. missssyさん,tea for twoという曲がありますが,あれはお茶がフェルミオンであることを暗示しております.もしボソンなら,お腹の中でいくらでも状態を占めることができ,たっぷんたっぷんにならないためです.次回のパリは,いつですかね.どうせまた来年のどこかで出張ありそうですけど.

              1. フェルミオンといいボソンといい、人由来の名前なんですね。tea for twoは最初がインパクトあります。異重力場で歪んでるところでお茶するなんて、まるでA Mad Tea-Partyみたいです。

                1. インプラント猫娘さん,ボーズのスピーカーは坊主が作ったという男っぽい噂もありますが,フェルミオンがフェミニンかどうかは不明です.

  4. ポージィ さん
    うんうん、外にあるのは明り取りの目的でついてるのかもね。

  5. 2Days Trip to Parisって感じかな。
    美味しい酒張になりましたかな?
    私の知ったドクターもMaryland 州に2泊4日の旅して来た方がいました。なんだか似てますね〜。

    1. いたずらリスさん,酒張にするにはちと夜が少なかったです.かといって一週間滞在は疲れるし,難しいですねえ.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください