数分頑張って一瞬のできごと

Los Alamosは雨の季節です.日暮れ時の嵐を時折明るく辺を照らす稲妻.写真を撮ろうにも雷様は一瞬しか現れてくれない.そういう時は動画撮影して,後で切り出すというズルをします.

空に向かってiPhoneを構えて数分待つ.運が良ければそのタイミングで光る.運が悪けりゃ,意味ないデータが蓄積されていくだけ.ずっと録画しっぱなしにすればいいんだけど,そうすると腕がだるい.2分くらいが限界です.一旦休憩して,さて次のショットを撮ろうと思った瞬間に,ピカっとくる.むかっ.

Facebooktwittergoogle_plustumblrmailFacebooktwittergoogle_plustumblrmail

「数分頑張って一瞬のできごと」への12件のフィードバック

  1. 腕をだるくしながらお疲れさまでした。
    綺麗~ 花火と一緒で一瞬の芸術ですね。
    子供のころ稲妻がピカピカし始めると
    ワクワクしていました。
    全然怖いと思わなかったんです。
    今は車の中からなら、無心だったあのころと
    同じ気持ちで見られるかも。

    1. ポージィさん,稲妻はわくわくしますね.特にピカっと落ちるのが見えた瞬間.近くに落ちるなんて全く思わなかったですね.光る時間間隔はだいたい一定なので,ピカッときて次のタイミングがわかります.

  2. 大学時代にアパートの窓から雷を撮ろうと思って構えていたら、、、窓から10mほど離れた目の前の木に落雷したことがあります。あと、院制時代には、同期の友人のアパートの隣の一軒家に雷が落ちて、その一軒家は全焼、雷サージの影響でそいつの電化製品(パソコン、電話、テレビなど)が全滅。雷は怖いです。。。

    1. K.Mさん,先日の大凶の友人といい,実は不幸の元凶は...と思わざるをえません.もしかして台風を呼び寄せてませんか.

      1. 自分自身は災難には巻き込まれませんね、今のところ、天気でも基本は晴れ男。

        でも、自分は決して巻き込まれない距離付近には災難や災害は多いです。東京に住んでた大学時代、家の近くのビルが全焼してたり、池袋の通り魔事件当日にまさに事件現場で待ち合わせしてたが、直前にキャンセルしたり、通ってた大学のお隣の大学生が僕らの大学で投身自殺した事件があったのですが、僕はその日たまたま寝坊して直接見なくてすんだ(目の前で見てしまった同期はいた)、や、皇居のお堀を大学の図書館から眺めていたらあらぬものが浮かんでいるのを見かけてしまったり、、、あぁ、思い出してみたら他にも色々と。。。

        友達には新聞記者に向いているのではないかと言われたことがあります。僕から中途半端な距離の人は危険かもしれません(笑)
        なーんて、科学的な根拠は何もないので偶然でしょう、多分。。。

        LILA管理人さんの飛行機トラブル(とその伝染)に比べたら低確率ですよ(笑)。

        1. K.Mさん,それってコナン君並の事件遭遇率じゃないですか.いやこれは事故なんかじゃない,殺人だよ...って.そう言えば,通り魔だのそういうのに遭遇したことも無ければ,あやうく一本電車が違ってたらなんていう体験も無いかも.落とし物を発見と言えば,夜ほろ酔い気分で歩いてたら道端に黒いパンツが落ちてて,おもわず隣のビルを見上げたくらいでしょうか.それ以上は落ちてこなかったです.

          1. 居酒屋からお腹をナイフで刺されて血まみれになった人がたまたま歩いてた目の前100mくらいのところに出てきたのも見たことありますし、、、路上(というか駅構内)AV撮影に出くわしたこともありますね。ミラノでは交差点で接触事故起こしたバイクが歩いてた前方5mくらいのところに飛んできたこともありますし、同じような事故でバイクのドライバーが宙を舞ってるのも見たことがあります。大阪でひったくり犯を警察が取り押さえる瞬間に出くわしたことも。。。いや、皆さん口にしないだけで、このくらい普通だと最近まで思っていたんですけど、、、なので、事件・事故は身近でよく起きるから(実際に見かけるから)気をつけないとって普段から思って生活してます。

            でも、芸能人に街でばったりというのは少なくて、料理研究家の服部先生に神楽坂で出会い頭にぶつかって突き飛ばされそうになったり、ヘルシンキの空港でサウナ大会に参加するためにきていた元光GENJI の諸星くんとばったりとか、大阪の箕面のコーヒー屋さんで西川きよしの娘とばったりくらいしかありません。

            基本的に出不精なので、出歩くことは人より少ないんですけどね。

            1. K.Mさん,一般人は絶対にそんな体験ないですから.こりゃもう大当たりの☆の元に生まれたとしか言いようがないです.宝くじ買いましょう.芸能レポーターの才能というか強運もありそうなので,そっち方面の副業も考えたらよいかと思います.僕は芸能人に町でばったりという経験は全くありません.いやあるのかもしれないけど,そもそも芸能人であることを理解できません.

  3. 気持ちはわからない訳ではありませんが、冒険はほどほどに。
    痛い目に遭ったら大変です。それとも頭の上に避雷針をお持ちですか?

    1. いたずらリスさん,頭上には髪の毛がピンピンしてますので,iPhoneはきっと無事です...って,そうじゃない?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください