古い古いピアノを弾きました

有名なピアノメーカーよ,奥様からそう言われたものの,寡聞にして知りませんでした.Mason & Hamlinというピアノの会社は1854年創業というから,アメリカでは老舗のようです.

それは一年前のこと.夕食に一人だけ招待され,ピアノ社交で乗り切った,あのピアノです.今回のSeattle出張でも,当然こうなるだろうとは予想していました.でもまさか,わざわざ調律までして待機していたとは.

Mason & Hamlin

このピアノを奥様の母親が購入されたのは1920年代だそうですので,本当に年代もの.昨年触らせて頂いたとき,かなりガタがきていると思ったのですが,まさかそれを調律するとは.調律以前にオーバーホールかアクション全体取り替えが必要そうな状態でしたもん.

それが確かに調律されています.キーもペダルもそこそこ普通に弾けるように直ってる.この日だけのためにかなりお金をかけて頂いたんじゃないかと,申し訳なく思います.

パソコンに入れてある楽譜,Bach, Chopin, Schubert, Beethoven, Brahms, Joplin, Debussy, Ravel … 片っ端から弾いていきました.始めは鳴りにくかったピアノも,次第に音が鳴ってきます.

と同時に,調律が次第に狂ってくるのがはっきりと聞き取れます.やはり100年前のピアノですが,ほんの少しの時間,ちゃんとした音楽を奏でてくれたようです.

FacebooktwittertumblrmailFacebooktwittertumblrmail

4 thoughts on “古い古いピアノを弾きました”

  1. せっかく調律しても、弾いてる途中にもズレてきちゃうものなのですね(^_^;)

    でも、前回のがいかに喜ばれたかが分かって、嬉しいお話ですね!次はオーバーホールされてたりして。

    1. Sanaeさん,かなり無理して調律してたのかもしれません.次はどうでしょうねー.あのピアノは年代ものすぎて限界かもしれません.

  2. 写真を忘れずに撮ったんですね。
    調律して待っていて下さったなんて感激ですね。
    シアトルでお仕事の時は必ず。のお約束に?
    ピアノって弾いているうちに音が出てくるんですか。
    生き物のようですね~~

    このピアノでラフマニノフの演奏がありました。
    https://blogs.yahoo.co.jp/klavierhaus2000/31181882.html

    1. Chieさん,こんかいは忘れず撮ってきました.学生に撮ってもらったという話もあります.これが定例になってしまいそうな予感もありますが,あちらに出張はせいぜい年に一度ですからね.このピアノは最初音が出にくかったんですが,鳴らしてるうちに鳴り始めました.なんか変な表現だけど.

コメントは停止中です。