Seattle水辺のMexican,Agua Verde Cafe

昼食はメキシカンにしよう,そう言われると大概のNew Mexicanの反応は「う〜ん...」となっちゃいます.いつも食べてるし,そもそもMexicoと接してない州にあるレストランには偏見が見え隠れするのも事実.ここSeattleでメキシコ料理のランチの提案がなされたとき,僕の反応はまさにそんなものでした.

でも徒歩すぐの湖畔にあるこのカフェ,Agua Verde Cafeは,ご覧の通りロケーションが最高です.こんな環境で仕事できるなんて不公平だと思います.料理の辛さがちと足りないのは,本当のMexicanである証拠かも.New Mexcicanってのはかなり辛くアレンジされてますので.

料理の注文方法が少々難しいカフェです.入り口にインストラクションがあるほど.まずはキャッシャーで料理を注文し,お金を払い,飲み物だけ貰って適当なテーブルにつく.その後,店員さんが料理を持ってきてくれます.

まずは無難にQuesadilla.キノコ入りなんですが,このトルティーヤはほうれん草入なのかな.初めて食べる味でした.もちょっと辛くてもいいんだけど.

とは言え,お気に入りになってしまったカフェです.今日のランチも再びここへ来ました.今度はタコス.

えっと...

確か注文したのは白身魚のフライのタコスだったはず.サラダを注文した覚えはありません.

と思ったら,底にソフトタコスが敷き詰められてた.これって手で巻いて食べるんでしょうか.アメリカ流手巻きタコス? もちょっと辛くても...

FacebooktwittertumblrmailFacebooktwittertumblrmail

「Seattle水辺のMexican,Agua Verde Cafe」への7件のフィードバック

  1. なんとなんと!
    夏のバカンスみたいじゃないですか。
    日本は死にそうな暑さで満員電車で・・・
    こんな環境で仕事だなんて不公平です。
    一回分貸しですねこれは。
    で、辛さが足りない?
    文句言うな。

    1. Chieさん,一日中,こんな風景眺めながら仕事できたらいいんですけどね.幸いシアトルの気温は朝20度を切るほどの快適さです.満員電車もなく,徒歩で大学までいけます.でも,辛さが足りないんです.

  2. 大昔、なにかの理由で小田原か熱海に行ったときのこと、駅前のホットドッグ屋さんでケチャップのとなりに置いてあったのがおでん用のからしでした。ご丁寧にケチャップと同じように搾り出せるような容器に入っていました。マスタードと思って思い切りかけたホットドックはそれはそれは辛ろうございました。

    1. 匿名missssyさん,ケチャップと思ったら実はタバスコだったら,もっとすごいことになりそうです.アメリカのマスタードって全然辛くないので,物足りないです.でもハウスのチューブ入り辛子をつけたら,つ〜んってなります.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください