ウィーンの水辺にて,海を越えてきた笛

この記事コメント欄から始まった「フルート買います」の話は着々と進展し,かつてGonneko先生が使われていたフルートをComo湖畔のカフェで無事受け取りました.ダッキーのおまけ付き.

フルート作りで世界的に有名なムラマツ製です.アマチュアの自分に不相応なのは百も承知ですが,憧れの銀製のフルートを吹ける,それだけで頬が緩みます.

M100という型番で35年前のものだとか.本体は銀製,キーが洋銀らしい.年季の入った渋い色が良いです.僕が受け取る前にムラマツへオーバーホールに出して頂きました.おかげでキーの動,音程,どれもしっかりしています.

軽く吹いてみたら,やはり音の出し方が違うみたい.最初鳴らすのに少々苦労しました.

イタリアで受け取ったムラマツフルートはその後ウィーンへと運ばれ,ウィーンの森であたりの小動物を追い払う超音波を撒き散らします.ウィーンでフルートを吹いた,それだけ聞いたら,まるでプロのようじゃありませんか.

そして現地委員さん宅にて,チェンバロカラオケ大会.僕が適当にメロディーを吹いたら,彼が巧みな伴奏を付ける.さすがバロック音楽のプロです.白髪のクセ毛が二人並んでおりますな.

ところでチェンバロは現代の楽器より半音ほど低く調律されます.それに合わせようと思ったら,フルートの頭の部分を抜いて全長を伸ばす必要があります.

もうこれ以上抜けないというぎりぎりまで伸ばしていたので,なんだか腕の感覚が変.とは言えワイン飲みながらだったので,すぐにそんなこと気にならなくなります.それより,フルートが少々酒臭くなっちゃったかも.本当のプロなら絶対にこんなことやりませんね.Gonneko先生,すみません,今後はもっと大事に扱います.

Facebooktwittergoogle_plustumblrmailFacebooktwittergoogle_plustumblrmail

「ウィーンの水辺にて,海を越えてきた笛」への16件のフィードバック

  1. すごく楽しそうじゃないですか!!!これでまた新たな修行の道が始まりましたね。ブログでのご報告も楽しみにしています!

    1. ハクさん,手軽に持ち運べるのが良いです.もっともケース込みでノートパソコンくらいの重さがあるので,旅の共にするにはそれなりの覚悟が必要です.

  2. ウイーンでフルートを受け取る!
    これだけで充分ドラマチックなのに、
    そのうえチェンバロとセッション!
    充実した旅になったんですね。
    銀の物は放置されるとすぐに黒ずみますから、
    お手入れお手入れ。
    それもまた良い時間ですよね。

    1. Chieさん,チェンバロとセッションなんて高尚なレベルのものじゃないんです.僕のフルートはかろうじてメロディーらしきものを排出してるだけなので.
      銀は黒ずんでくるのですが,あまりゴシゴシするのは躊躇します.適度なお手入れ方法を考えねば.

      1. シルバーのアクセサリーを手入れをする布があります。
        銀の食器を磨くこともできます。
        その名も「銀磨きクロス」Amazonで買えます。
        おすすめです。
        洗って使える感じじゃないからちょっと多めに買わないとです。
        不精をすると粉ので磨くことになるので大事です。

          1. そうかー滑りが悪くなったら最悪ですよね。

            フルートを包んでおく布というのがありました。
            「Rondino / C-GUARD 銀製品変色防止クロス フルート用」
            Amazonにありました。
            でも楽器屋さんで聞くほうが良いのかな。
            https://www.amazon.co.jp/Rondino-C-GURAD-%E9%8A%80%E8%A3%BD%E5%93%81%E5%A4%89%E8%89%B2%E9%98%B2%E6%AD%A2%E3%82%AF%E3%83%AD%E3%82%B9-%E3%83%95%E3%83%AB%E3%83%BC%E3%83%88%E7%94%A8/dp/B000Y5XBKW

            上等の楽器を持つというのは繊細な神経も持たないといけないのね。

            1. Chieさん,ほう,こんなものがあるんですか.次回帰国したときに買おうかな.楽器ってメンテに手間がかかるんですが,その時間も惜しくないほど,皆さん自分の楽器に愛着あるんですよね.

  3. わ!フルートも吹けるんですか?

    そういえば、二つ年上の従姉がたしかフルートを習っていたことがあるはずなのだけど、一度も聴いたことないなぁ。

    フルート、まだ持っているのかなぁ?

    1. Sanaeさん,持ち運べる楽器としてフルートの練習しております.管楽器の中では比較的容易に学べると思いますよ.従姉妹さんのフルート,まだあるのなら練習されてみては?

  4. ダッキーはこういういきさつで道連れとなったのですね。
    すてきなフルートを、良かったですね。
    旅の途中で受け取り、共に旅してウィーンでセッション!
    そしてアメリカへ。なんかカッコイイですねぇ。
    私の周囲にはこういうエピソードは皆無ですヮ。

    1. ポージィさん,はい,フルートとダッキーはセットなんです.ダッキーも旅の仲間となりました.アメリカへやってきたフルート,今度帰国するときに持参すれば地球一周となります.

  5. 管理人さんのところでフルートが第二の笛生をおくり始めた。老犬を引き取ってもらった、先のない飼い主のほっとした心境なのかも。ではなぜ無楽なノラ猫があれを持っていたのか?40年目の告白。

    実はバッハの無伴奏フルートのためのパルティータを吹きたかったんです。
    https://www.youtube.com/watch?v=1_5vqieSAew
    3~4年ほど先生に付いてヘンデルまで行ったとき、ほんとにうれしかった。でも、ヘンデルとバッハの間には越えられないクレバスがあったんです。バッハを吹きたいなんて言い出せる状況じゃなかった。フルートは持ち主を選べません。

    ♪若かったあの頃、何も畏くなかった♪、Gonneko sans Peur !

    1. Gonnekoさん,老笛だなんてことはありません.ムラマツですもん,私みたいな初心者には畏れ多いフルートです.
      バッハの無伴奏,いい曲ですよね.僕もあこがれます.いちおう楽譜は持っているのですが,細かい音が延々と続いて,アルマンドの前半だけで貧血起こしそうになります.ピアノで弾くと簡単なのにーって思ってしまいます.
      なにはともあれ,本当にありがとうございました.大切にしますし,頑張って練習します.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください