タオルのネクタイ

ホテルにチェックインしたら,水とコーラ,それにポテチのサービス.でも常温コーラを置かれてもなあ.そりゃ氷を自分で取ってきて冷やせってのは分かります.でも窓辺に置いてるもんだから,西日で常温以上のホットコーラ.せめて部屋に冷蔵庫を付けて欲しい.

浴室のタオル,変わったたたみ方だなとは思ったら,シャツとネクタイになってる.おもしろい.でももうちょっとクォリティを上げて欲しい.だって最初の一枚目のネクタイは気づかずに使ってしまったもん.

近くのカフェのドアにあったサイン.こういう場合「へ」はあるべきなのか,無しにするべきなのか.

友人に日本語の助詞について講釈たれつつ,この日本語が如何に違和感あるかを説明していたのですが,やはり難しいです.なんせ

「日本語でThank youは,Domo Arigatoだろ」

って言ってるレベル.「う」が抜けちゃうんですよねぇ.

Facebooktwittergoogle_plustumblrmailFacebooktwittergoogle_plustumblrmail

「タオルのネクタイ」への14件のフィードバック

  1. 「へようこそ」の上の行、何語でしょう?最後の文字、フック状のアンテナから何か発信されているようですが・・・。Raleigh welcomes you, no matter who you are.なのは大変結構ですが、宇宙戦争で一度も負けたことのないハルカ星人がやってきたらどうするのでしょう。

    1. Hiroさん,ゼットンを呼んで,どっちが強いのかの最終決着をつけてもらえばよいのではないでしょうか.アンテナ発信というよりは,がに股おじさんの千鳥足のように見えます.

  2. へようこそ って、あれこれ突っ込みたくなります。
    へようこその上のも下のもその下のも何語でしょう?
    こうしてみると、ひらがなってシンプルですね。

    1. ポージィさん,僕もこれは一体何語だろうと思ってたのですが,下のほうで解読されてくださった方がおられます.ほんとうに,ひらがなってシンプルですね.これ全部が同じ意味だとは信じられません.「へ」はともかく.

  3. これまたいいホテルに滞在して居たに違いない。というか、もうそういう所しか泊まれなくなってしまったLiLA管理人様。
    部屋にソフトドリンク(無料)を置いている事態凄い。アルコールは流石に有料か?
    浴室のタオル、おしゃれぇ〜。そんなホテルに泊まったことない。小さなことだけど嬉しい発見。
    ともあれ、お疲れ様でした。

    1. いたずらリスさん,そんなに高級なホテルじゃないですよ.Hilton系のビジネスホテルです.アルコールは,ロビーのバーに行ってお金払えばもらえますが,結構なお値段でした.メニューを見ずに注文してしまったもので.

  4. これは折り紙じゃなくて折りタオルですね。
    アメリカでこんな手の込んだことするなんて意外です(差別?)

    日本語の助詞はほんとにめんどくさい。
    助詞は女子とも変換するし。
    漢字もめんどくさい。
    いえ、めんどうくさいです。

    1. Chieさん,ほんと,折タオルに遭遇するなんてびっくりです.きっと日本でも流行ることでしょう...と思ったのですが,従業員が遊んだタオルなんて使いたくないと言う客が出てきそうな.
      日本の助詞が面倒なのか女子が面倒なのか,そこんとこは微妙ですが,漢字がすっかり書けなくなってしまったのは,面倒を通り越して危険ゾーンです.

  5. 暇でしたので、調べてみました。
    一番目の中国語はわかります。
    二番目は、パンジャーブ語 Punjabi インドとパキスタンにまたがるパンジャーブ地方の言語。
    三番目は、へようこそ語。
    四番目は、タイ語 Thai かと思いましたが、ラオ語 Lao のようです。
    一番下は、ヒンズー語 Hindi かなと。

    no matter who you are…と言いつつ、アジアに偏りすぎではないでしょうか。笑

    1. DT041422さん,なんと! 僕も4番目はタイかと思ったのですが,そうなんだ.それぞれ文字を見てみましたが,絶対に手書きできそうにない文字ばかりです.でもこういうので自分の名前を書いてみると楽しそう.アジアに偏ってますが,なんで自国の文字が無いんだと主張しそうなところが欠けておるようです. 

  6. ベトナム人は日本語の「ず(zu)」も「ひ(hi)」も発音するのが難しいらしく
    僕のファーストネームもファミリーネームもフルでは言えません。
    で、しょうが無いから、「かず」で良いよと言っても、これがなかなか・・・

    どうきいても「かす」としか聞こえない。。。

    ま、いっか、と流していますが、、、、よく考えたらこれは、、、
    『ベトナムでカス呼ばわり』(笑)
    カス呼ばわりしてくれてる同僚は、毎日彼の親戚が作ったコーヒーをくれる良い奴なんですけれどもね。

    ベトナム語は同じ言葉でもアクセントで意味が変わっちゃうらしいし・・・
    (あ、でも、日本語も同じようなのありますね。橋とか端とか・・)
    言語って難しいです。

    1. K.M.さん,「かす」と呼ばれちゃうくらいなら,ガスのほうがマシな気もしますが,いま文字で書いてみてやっぱりこれも嫌だなと思いました.でも Curse と呼ばれ続けてたら,末代まで呪われそうなので,Carsあたりで如何でしょう.
      ベトナムだったら,フランス語系の名前にしておけば,あちらの方も発音しやすいかもしれませんね.シャルルなんてどうです?

      1. シャルルですか・・・いつか何か本を書く時にペンネームにでも使ってみてから考えたいところですね。呼ばれても気づかなさそう・・・

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。