季節モノのコーヒーの袖

少々暑くなってきたので,先週末にクローゼットの長袖シャツを半袖シャツに入れ替えたばかりなのに,今の気温は6度C.昼間も上着が無いと寒いほどです.

袖は英語でSleeve,半袖はshort sleeveで,長袖はlong sleeve.ところがノースリーブという英語はありません.あれは和製英語で,ほんとはsleevelessという袖無し.

カフェの紙コップで熱くないように付けてくれるこれもスリーブ.coffee cup sleeve とか coffee sleeve とか java jacket とか,色んな名前で呼ばれています.カフェによってはデザイン豊富で楽しく,とくに季節モノがあると嬉しい.

こちらはEaster Versionなのかな.ぴよちゃんだけど,あまりかわいくない.どうせなら,ウサギにして欲しかった.

と言いつつ,捨てずに持って帰っちゃったけど.

Facebooktwittergoogle_plustumblrmailFacebooktwittergoogle_plustumblrmail

「季節モノのコーヒーの袖」への4件のフィードバック

  1. ヒヨコ、卵の進化形ってことかしら?
    袖と言えば机にも袖がありますね。
    何のことか知ったのは割と最近デス。

    1. Chieさん,袖付き机ですね.机の下から袖の下というのもあります.舞台の袖というのもあります.ひよ子に袖はありません.

  2. 私は、このカバーのことを袖と呼ぶことを今日知りました。私がこの物体を表現するとしたら、コーヒーカップのカバー、段ボールの巻き紙、持つときに熱くない紙ホルダー・・・etc でしょうか。
    大昔から袖と呼ばれていたのか調べてみると1990年代の発明なんですね。腕のようにコーヒーカップを通して覆うから、と考えると納得です。英語的発想ですね。
    私はあまりコーヒーを飲みませんが、いろんな柄で提供されるとつい集めてしまいそうです。

    1. DT041422さん,僕だったら段ボールの筒とかアレとか言うかもしれません.ずっと前,どこかのスタバでこれが見当たらなかったときは,店員さんに,Inslator無い?と聞いてしまいました.断熱材,間違っちゃいないとは思うのですが.
      実はかなりの種類がすでに集まっているのですが,さてどうやって鑑賞するか,いまひとつ方向性が見えません.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.