飛行機乗るなら窓側

Meteor Crater

国内線の飛行機に乗るなら翼にかからない窓側,そう決めています.眼下に広がる光景が航空写真そのものなのが楽しい.GPS情報と地図を見比べながら空を旅するともっと楽しそうですが,なんせ広大なアメリカの大地,途中で飽きてしまうのも事実.

Arizona上空,地上に見える大きなクレーターはBarringer隕石孔.こんな隕石がいつか頭上に落ちてくる確率もゼロではない.

眼下のパノラマは,Rocky山脈を超えるルートの方が楽しいです.ここから東へ飛ぶと,なーんにもないぺったんこな大地が続き,時たま見える孤立した町か湖が唯一の楽しみになりがち.

ちなみに高所恐怖症なんですが,こういうのは大丈夫なのが不思議.あまりに高度がありすぎるのと,窓の外の光景ということで,あまり現実感がないのかもしれません.

8 thoughts on “飛行機乗るなら窓側”

  1. 管理人さん、ほんとは月とかガニメデまで行っちゃったとか。アリゾナとか言われるとかえって嘘っぽい。色彩なしの寂寥感、ただ事じゃない!

    1. シベリア上空はつんどらないGonnekoさん,そうなんです,アポロ11号の映像はアリゾナで撮影されたものなのです.その証拠に,あの時の足跡と同じものがあちこちに散乱しております.

  2. こんなに飛行機に乗っていらっしゃるのに
    高所恐怖症とは意外でしたょ。
    ずいぶん大きそうなクレーターですね。
    恐竜が絶滅したのは小惑星衝突とか火山噴火とか
    言われているんでしたね。
    ところで、こんなにまっ平らな大地を流れる川が、
    ここまで複雑にぐねぐねする理由って何ですか?

    1. ポージィさん,恐竜を絶滅させたと言われているのは10kmくらいの大きさの隕石ですね.あれに比べたら,このクレーターなんてすごく小さなものなんでしょうけど,それでも実際のサイズは飛行機上空からはっきりと見えるほどですもんね.
      川がぐねぐねする理由ですか,だって真っ直ぐだったらわざとらしいじゃないですか.

  3. South west航空の事故がよぎりました。
    席が自由席の飛行機ってところもびっくり。
    よりにもよって「窓際の席」を選んだんですねー。
    吸いだされないでくださいよ!

    1. Chieさん,SWはまるで路線バスみたいな航空会社なんです.ずっと前は時々使っていたのですが,あの座席争奪戦に疲れてから,全く利用しなくなりました.そんなに安いってこともないんですよねぇ.

  4. そうなんですよー。殆どの場合、左側の窓側の方がいい景色が見えます。
    仏教の世界では右手でお経を回しながら必ずお経に向かって左側を通ります。それと関係あるのかどうなのか?
    この不思議な現象どのくらいの確率で当たるのでしょうか?

    1. いたずらリスさん,僕はハンドスピナーを右手に持つときは左回ししますが,一回転させる毎にありがたいお経を一度唱えたのと同じということにしています.
      右か左かという確率でしたら,おそらく50%では?

コメントは停止中です。