最短記録,論文採択

僕のblogを知っている友人から,「食べ物の話ばっかじゃん」と言われたことがあるんですが,それなりに仕事関係は避けているのも事実.面白くないですしね.

そんなお仕事関係なんですが(避けてないじゃん),立場上「論文」なるもんを書くわけです.書いたら,それを論文誌というものに投稿するわけです.その後,覆面査読者のネチネチ攻撃を受け,それに耐えられたものは採択,そうじゃなければ棄却.それなりにタフな世界です.ちなみに論文誌にもレベルがあって,このネチネチ度が納豆の糸並みの高級雑誌から,さらさら無色透明カムカムえぶりばでぃな所も...(意味,わかんないよ)

覆面査読は,なんやかんやで一ヶ月程度かかります.怠慢査読者にあたったり,査読者数名をタライ回しにされると,数ヶ月かかることもあります.まあ平均2,3ヶ月と言う所でしょうか(あくまで物理系の場合).この辺り,結構面白い話があるんですが,あまり書くとやばいので…

さて,そんな論文を書き上げて物理学会誌に送ったのが先月末.まあ,秋までは返事が来ないだろうとノホホンとしてたら,突如編集者からメールが来ました.あまりに早いのは,大体不吉な知らせなんですが...

メールには「内容OK,修正の必要なし,このまま掲載

正直ぶったまげましたよ.投稿してたったの2週間で採択.ここまで短期間だったのは生まれて初めてです.共著の同僚と,この話をしていたら,彼がすばらしい推理.

「今丁度休暇シーズンじゃんか.きっと査読者がハワイに出かける直前に,この論文査読の依頼を受け取ったんだよ」

ありえる.ちゃんと読んでねーだろ,見たいな.

Facebooktwittergoogle_plustumblrmailFacebooktwittergoogle_plustumblrmail

「最短記録,論文採択」への10件のフィードバック

  1. もしくは、その論文誌が月間誌(?)or季刊誌(?)から
    購読者数激増のため週刊誌になったとか?
    注目すべきは、読者数の激増の不思議。

  2. Chieさん,んな週刊誌とかになったら,のりピーがらみの論文で溢れてしまうじゃないですか!(どんな論文やねん)

  3. 「面白い話があるんですがあまり書くとやばいので」
    そうなんですよねー、
    どこの誰がここを見張ってるかわかりませんものねー。
    書きたいけど、書けない。

  4. じゃ、これから週末前とか休み前に送るべし!ですな。
    もしかすると同じ論文を次回送っても気付かないかもよっ♪

  5. 2週間とは凄いですね。しかもそのまま採用とは・・・。
    私なんぞは、2回目でOK,それまでに約2月が最短です。3回目でOK、Accept までに半年かかったなどは普通に聞きますね。身近にあればNuclear Technologyの2009年9月号を御覧下さい。

  6. もう、ムチャクチャ(←これも死語でしょうか)気になります!!LiLA管理人さんの正体が!!!!!!!!!!宇宙人とかですか?サイボーグとか!!

  7. Chieさん,そうそう何処で誰が見てるか分かりませんからね.日本語だからと言って油断ならない.翻訳サイト使ってるかもしれないし.表向きは常に紳士の姿勢でございます.

  8. Mimi☆Kiraさん,夏休み後だと脳内記憶がリセットされますからね.気付かない可能性大です.他の雑誌に同じもの送る人も,たまにおりますけど...

  9. 匿名さん,えっとSallyさんでしょうか?半年くらいなら,まあ普通ですね.最近は査読をなるべく早く進めようという風潮なので,昔に比べると随分短期間になりました.NTの9月号ですか.さすがに身近には無いので,オンラインカタログに行ってみたんですが,読みたければ$30払え,と出てきました(;_;)
    うちの図書館,これは契約してないっぽいです.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください