高校生への課題に悩む

過去に何人か夏期実習生を持ったことがあります.もっぱら大学学部生ですが,大学院生もいます.こういった大学生は全米あちこちの大学からやってきて夏休みの間だけこちらに滞在しますが,地元限定ながらも高校生の夏期実習生も受け入れています.

なんせ石を投げれば博士に当たるという土地柄,Los Alamosの高校生も成績優秀なのが多く,それなりに選抜も厳しいようです.今年も高校生が一人,僕の所へ夏期実習生に来たいと連絡してきました.

それはそれで良いのですが,こういうときに考えるのが,この生徒は将来何を勉強したいのだろうということ.物理ならいいんだけど,そうでない場合はどっかで折り合いをつける必要があります.そして今年応募してきた生徒の将来の夢,それは歴史家...これは困った.

明日までに夏期実習の課題を考えなければなりません.夕方ジョギングしながらあれこれ考えていたのですが,今ひとつ良いアイデアが出ない.もういっそ夢には目をつぶって,こっちの雑用をやってもらうかなあ.

Facebooktwittergoogle_plustumblrmailFacebooktwittergoogle_plustumblrmail

「高校生への課題に悩む」への10件のフィードバック

  1. LiLAさん少年時代は考古学者が夢だったとブログで書いていました。
    歴史学と考古学そう遠くない?ある?
    歴史家と歴史学者は別物ですよね。
    学者となれば議論がつきものらしいから、
    論破するコツ?を伝授する…..のかなー。

    TVで大学の先生が歴史をおもしろく説明しているのを見ました。
    歴史なんて大の苦手の私でも切り口が新鮮でちょっと興味をもてた。
    どんな切り口だったかって?
    忘れちゃった~

    1. Chieさん,考古学と歴史学,少なくともお金になりそうにないのは共通かと.学者は議論なんてしませんよ.あの手この手で学会のてっぺんにのし上がって,嫌いな奴を排除すればよいのです.
      おもしろい授業とは,えてして忘れるのも早いもんです.分かりやすい説明が,実は分かった気分にしてくれるだけと同じで.

  2. 物理学者の歴史を調べてもらったら面白いのではないでしょうか。。。って、既に考えてますよね、そういうの(^^;

  3. LANLで歴史学といえば、やっぱりマンハッタン計画じゃないでしょうか。しかも教えを乞うのに日本人を選んでくるとは。相当ヤバそうな実習になりそうですね。

      1. ちょうどLos Alamosの図書館に英語版のやつがありますよ。とある団体から寄附してくれって頼まれたので僕が寄付しました。

  4. かなり凄い実習となりそうなのは間違いないですねー。Hiroさんに一票。
    サイエンスミュージアムあるしロズウェルもあるし歴史の教科書盛り沢山ではありませんか!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください