園芸してみる

庭の雑草を掘り返してばかりではつまらない、と言うよりも体力が続かないので、今日はSanta Feのナーセリーまで草花を買いに出かけました。自分の目的はラベンダーと芝の種ですが、家族それぞれが好きなものを買っても良いということにして、選ばれたのがこの花々。

家内の希望はサイネリアとツルニチニチソウ、それに室内用のアイビー。サイネリアには色んな色がありますが、紫のを選びました。ツルニチニチソウは、Vincaと言う名前で売られています。ポージィの花etc.記に載っていたもの。近所でも見かけるので、きっと寒さにも強いんだろうと思ってのセレクト。

子供たちは、マリーゴールドとパンジーと言う、かなりオーソドックスというか地味な選択。理由は不明。

さて自分の分ですが、まずはラベンダーを4株。これは前庭に植える予定。それから葡萄を2株。裏庭のデッキに絡ませて秋の紅葉を楽しみ、あわよくば葡萄を収穫、大量にできた暁にはワイン醸造…ってさすがに無理か、それは。

肝心の芝の種ですが、何故か店に置いてません。代わりにあったのが、Blue Gramaと言うこのあたりではメジャーな雑草の種、それにやはりプレーリーで多く生えるBuffalo Grass。芝生のように使え、水もさほど要らず、放っておいても育つというので(そりゃ元々雑草ですもん)、この辺りでも庭をこれらで覆っている家が数件あります。

かく言う我が家の前庭雑草畑ですら、Blue Grama, Buffalo Grassが蔓延っております。苦労して雑草を抜いて、また同じ種類の草を植えるというのも、何となく解せないもの。

店にはさらに “New Mexico Wildgrass Mix” というのもあって、こんなもん撒いた日にゃ、庭はそのまんま元通り。


このブログで関連すると思われる他の投稿

Facebooktwittergoogle_plustumblrmailFacebooktwittergoogle_plustumblrmail

「園芸してみる」への2件のフィードバック

  1. こんにちは。
    わがブログの名前を載せてくださっていてびっくりしました。
    ご紹介いただいてありがとうございます。
    ツルニチニチソウは耐寒性がかなりありますよ。うちでは常緑です。
    ロスアラモスの冬にも耐えてくれるといいですね。

    花壇作りに精を出されている写真にエールを送っていましたが
    (庭が広いだけに重労働でしょう!)、
    そして、いよいよ苗登場ですね。
    桜も葡萄も加わって… またぜひ写真を見せてください。

    うちのネズミの額ほどの庭にも、かって「西洋芝生の種」なるものを
    蒔いたことがあります。種類の違う種が入っていたみたいで
    2〜3種類が元気に芽吹きました。なかでもたくましいタイプのものは
    その辺に生えている草にしか思えないほど、ぐんぐん伸びて
    泣きたくなります。冬でも青々しているのは嬉しいんですけれど。

  2. こんにちは、ポージィさん、勝手に名前を載せちゃいました。
    草花は、今の所、順調に育っているようです。コスモスも芽を出しました。
    でも、昨夜から冷え込んできたのがちょっと心配です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください