お行儀悪い人向けの注意書き

とある待合室で見かけた張り紙.

汚い靴を履いたまま,足をでーんと机の上に投げ出し,チューインガムをくちゃくちゃ.子供の頃に観たアメリカ映画やドラマでの一コマ.実際にこちらに来て,さすがにそこまで態度悪いのは見ませんが,脇に置いた椅子に足を乗せる輩はたまに見かけます.

実は人のことは言えない.僕もたまに椅子を2つ並べて,足を伸ばして文献を読んでることも.もちろん靴は脱ぎますよ.日本人なので.

ソファ前に置かれたコーヒーテーブルは,室内では靴を脱ぎ畳に座る国民にとって,やはり食事等を置く清い場所.でもこっちの人にとっては,単なる「台」なんでしょうね.

とは言え,お行儀悪いには変わりない.ましてや公共の場,色んな人が使うテーブルに足を乗せるなんてもってのほかです.張り紙があるということは,そういうマナーの悪い人が後を絶たないということか.

Facebooktwittergoogle_plustumblrmailFacebooktwittergoogle_plustumblrmail

「お行儀悪い人向けの注意書き」への8件のフィードバック

  1. 先々週プリスクール初登校だった我が娘、教室に入るとまず靴を脱ぎ、置き場所を探しておりました。(脱がなくていいのに。)
    日本生まれ日本育ちの母よりも日本人らしく育っているようです。

    1. あーにゃさん,それでこそ清く正しく美しき姿です.その清潔感をずっと持ち続けましょう.そしてこの習慣をもっとアメリカで普及させましょう.玄関には靴箱が常識となるまで.

  2. 先だって見ていたTV番組の中で、聖職者が足を不浄な
    大地に付けないために着用した、と言ってました。
    アメリカってクリスチャンもけっこう多いと思いますが、
    映画やドラマの中では、その不浄な大地を踏みしめた靴を
    履いたままの足をドデンとテーブルの上に乗せますよね。
    ほんとは、やっぱりお行儀悪いことなんですね。
    ついでにもひとつ。椅子の背をもってくるりと反転させて、
    またがって座るシーンも多いような。どうして?

    1. ポージィさん,聖職者とはまたすごい説明が出てたんですね.どうなんでしょう.普通に考えたら,単に裸足だと痛いからだと思うんですけど.オージーは裸足が多いんでしたっけ.
      椅子をくるっと回してというのは,まだリアルで見たことありません.あれができる椅子のタイプって限られてますしね.少なくとも僕の椅子であれをやると,股関節脱臼します.

  3. フィンランドにいたころ、同じように椅子を並べて靴を脱いで足を伸ばして仕事してたら、スペイン人に「靴を脱いで足を伸ばすだなんて行儀悪いぞ。」と注意されました。てっきり、足を伸ばしてることを注意されたのかと思ったら、靴を脱いでいること、を注意されてたのです。何故かと聞いたら、以前、足が臭い人が靴を脱いでえらい迷惑をこうむったことがあるからだとか・・・

    1. K.M.さん,それは行儀とかマナー以前に,単に個人的な恨みじゃないかと.飛行機の中で靴を脱ぐ人はいますね.僕もたまにやります.いまんとこ,臭くてたまらんという被害を被ったことはありません.隣のおっちゃんの体臭被害ならありますけど.

  4. 時間があり過ぎたので会議質で待つことに。
    その日は散々歩いて足も疲れてたので、
    キャスター付きの椅子に腰かけ、
    誰も居ないのををいいことにもうひとつの椅子に足を乗せました。
    そこへノックの音。
    あわてて立ち上がろうとすれど椅子と椅子が互いに離れていきます。
    みっともなくお尻から椅子の間に落ちました。
    靴まで脱いでいたら冷や汗ものです。

    「椅子を並べて脚を伸ばして文献を読む」
    キャスターが付いてるかどうか確認することをおすすめします。

    1. Chieさん,もちろんキャスターは確認済みです.一方の椅子は可動式,他方は固定.これでかなり快適な間隔を微調整することができます.
      そのノックの音の後,入ってきた人が見た光景が,2つの椅子の間で吊橋状態になってるChieさんじゃなくてよかったですね.意外と腹筋あるんだと,感心されたかもしれません.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。