日本語も表示できるカーオーディオ

レンタカーを借りたら,USBでiPhone接続.どこに出張しても1時間は運転するので,BGMは必須.大量の音楽が入っているので,その日の気分に合わせて選局可能です.

とは言っても大概の場合は,たまたま演奏途中だった曲をそのまま聞き続けるだけのお手軽音楽鑑賞.

先日もBaltimore空港でレンタカーをピックアップし,いつものようにiPhone接続.知らない土地ならGoogle Mapをオンにするのですが,ここは慣れた土地柄,GPSも不要なので,音楽専用.

さて音楽の準備も完了,さて出発.でも,あれ?

タイトルが日本語表示されてる…(しかも間違ってる)

Dvorakの新世界は第9交響曲,7番ちゃいます.でもこれって多分,7と9がカップリングされてたCDなんだろうな.

7番の交響曲,第3楽章が最高によろしいです.全体的にBrahmsの3番をパクってるっぽいところもよろしいです.

FacebooktwittertumblrmailFacebooktwittertumblrmail

10 thoughts on “日本語も表示できるカーオーディオ”

  1. そのcdは海賊版というオチはないですか ?
    それとも宝くじに当たった勢いの幸運の ?cdなのでありますか?

  2. たしかに七番はブラームスを意識した悲壮感が魅力。Dvorakらしくない気難しさも物珍しい。で、ブラームス追従が最も成功してるのがヘ短調のピアノトリオだと思ってます。

    1. ブラ苦のGonnekoさん,終楽章のダークなエネルギーなんて,ブラームスっぽいですね.でもどぼらくさんの室内楽は,ちょっときついです.

  3. どぼ7いい曲ですよね。ブラームスの3番と比べたことなかったですけど、確かにそうかもしれませんね。ブラームスは一生うじうじし続けましたけど、Dvorakは8番で何か突き抜けちゃいましたね。

    1. Hiroさん,どぼ7の第一楽章が6/8拍子,ぶら3が6 /4拍子.なんかちょこちょこと似たところあります.こじつけかもしれませんけど.
      どぼ8は終楽章が変奏曲,パッサカリアではないとは言え,まあなんですねえ.

  4. ドヴォルザークでうちにあるのはチェロ協奏曲 のDVDだけです。
    ロストロポーヴィッチです。
    名曲だそうですがあまり出番がないです。
    これもドボなんとかいうんでしょうか。

    1. Chieさん,お答えします.

        どゔぉこん

      です.実はピアノ協奏曲,ヴァイオリン協奏曲もあるのですが,圧倒的にマイナーなので,どぼこんと言うとチェロということになっております.名曲ですよ.もちょっと出番出してあげてください.

  5. 私が借りたレンタカーでは
    トヨタ:日本語表示不可
    日産:日本語表示可
    現代:日本語表示可 おかしい部分あり
    KIA:日本語表示可 おかしい部分あり
    CHEVOLET:日本語表示可 おかしい部分あり
    Ford:日本語表示可

    って感じでした。
    フォントもイロイロですが、JISが入っていると綺麗ですね。

    天下のトヨタが日本語表示不可なのは不思議ですが、メモリの容量をミニマムにいているのでしょうか。 今時フォントが食う容量なんてたかが知れていると思うのですが。

    1. Mooseさん,Toyotaが不可でFordが可って,なんかおもしろいですね.カーオーディオに使ってるOSの違いでしょうか.今時だったらAndoridでも入ってるのかも.ドイツ車ではどうでしょう.次回はベンツかAudi,借りてみてください.

コメントは停止中です。