真夏の夜のベッドのできごと

National Gallery of Art

窓を開けて寝れば寒い.かと言って締め切るとそれなりに暑い.でも体感気温に5度の差がある家内は,窓を閉め切った上に,布団までかけて寝ている.僕なら絶対に釜茹での夢でうなされるところ.

そんなだから自分用の薄い肌布団は,寝入りッぱなに蹴たぐられて,床に散乱状態.

でもですね,何もないとやっぱり寒いんです.8月のLos Alamosの夜は.

寒さで目が覚め,寝ぼけつつ布団を手探り.何か掴んだ感触があったのでむんずとひっぱると,その数倍の力で布団が引き戻されました.どうやら,かみさんの布団だったらしい.起きてるのかと思ったら,そうでも無いみたい.眠っていても,布団だけは死守するということか.

仕方なく起き上がって,床に転がった自分の肌布団を拾いました.

翌日,あの時起きていたのかと聞いたら,何と無く覚えてはいるらしい.

「布団のはじっこくらい,貸してくれてもいいじゃん」

冗談じゃない

FacebooktwittertumblrmailFacebooktwittertumblrmail

10 thoughts on “真夏の夜のベッドのできごと”

  1. おくるみでも着て寝ていなさい。
    けど、この写真とどういう関係があるのか??
    Los Alamosにもエスカレーターが出来たとですか?

  2. 我が家でも毎晩タオルケット争奪バトルが…勝者はもちろん私。
    奥様…同志です!
    今夜もがっちり布団を守り抜きましょう!エイエイオ~!
    トワイライトゾーン的な画像、管理人さんがうなされて見た夢の様子とか???

  3. 冥王星いっていたのにいつのまにかそういう記憶をうえつけられていたんですね。ぶるぶる。

  4. Chieさん,それはつまり,うさぎさん着て「ぽっきり1000円」看板を持って寝ろちゅうことでしょうか < それは着ぐるみ.
    この写真との関係,それを話すと長くなりますので,割愛させていただきます.ちなみにNMでエスカレータって,空港くらいしか見たことありません.あ,Santa Feの観光街にもあったかな.

  5. わんこさん,なんとそちらも争奪バトルですか!今度うちのかみさんとやってみませんか?(それ,なんか違っ!)
    この写真はワシントンの美術館の動く歩道です.なんか文章を書こうと思ってとってたんですが,面倒になってここに挿絵.

  6. 納豆嫌党員第二号さん,え~そうなんっすか???
    軒先くらい貸してくれてもいいのに.

  7. 今年の東京の我が家はエアコンなしで夜熟睡できちゃうんですよ。
    ジムの外風呂に入ってたらトンボが飛んでて一緒に入ってたおじさんと、もう秋みたいだねーと・・・
    電気代が通常数万円してしまう我が家ですが、今年はかなり節約しています。
    浮いた分で何か購入しようかと考えています。
    来週実家から嫁と娘が戻るのでエアコンフル稼働になるかもしれませんが。

  8. Rockyさん,それはまた地球温暖化じゃなくて寒冷化してますね.今年の冬は,東京は大雪かも.通常の電気代って数万円もかかるんですか!そういや,僕も夏場はそれくらい払ってたかもしれません.夜中,冷房つけっぱなしでしたからね.浮いたお金で,寒い冬に備えて薪を買っておくというのは如何でしょう.

コメントは停止中です。