締め切り時間を先送りする方法

締め切りは今月末ですよ.世界中の同業者に呼びかけ,そう言われて1月31日の11時59分59秒まで粘る,ありがちな話です.でも深夜0時って,どこの0時?

僕がアメリカから「締切は今日ですよ」と日本に向かって叫べば,きっとここの0時,つまり日本では2/1の午後4時まで大丈夫じゃんと考える人ばかりでしょう.でも締め切りアナウンスはスイス経由で出てます.

そうなると西欧時間の0時と考えるのが普通のはず.つまり日本は朝の8時.でも誰もそんなことは気にせず,アメリカ時間に合わせてるっぽい.と言うか,地球上で2月1日が一番遅く来る地域に合わせてるのかも.ハワイあたりとか,日付変更線すぐ横のどっかとか.

とまあ,締め切りを守る努力をするだけ,まだ善良なるサイエンティストです.今日は水曜日,そんな週半ばに締め切りを設定するのは不自然だ.これはきっと週末までOKだな,これが普通のサイエンティスト.

「今日が締め切り? あいつだって締め切り守らねーじゃん.来週でいいや」

日頃の行いがこんな所で悪いサイエンティストを量産します.

FacebooktwittertumblrmailFacebooktwittertumblrmail

4 thoughts on “締め切り時間を先送りする方法”

  1. ブログLiLA、一か月皆勤おめでとうございます。意識してました?

  2. ここにも締め切りがあります。
    たとえば今(日本の木曜夜)書かないと、
    明日の朝出勤前は時間が無い。
    明日の夜にはには新しい記事になって締め切り過ぎちゃう。
    日中スマホで今日のお題を見ておくんだけど、
    バタバタしてる間に忘れてしまう。
    コメント書くのって受け身だから、
    ワッ!返しにくいボールきたーもよくある。
    で、今日は良いお題でありがとう。
    やれやれ。

    1. Chieさん,通勤電車のなかとか,どうでしょう.満員電車でそれどころではないか.返しにくいボールの場合は,好きなこと書いちゃえばいいんですよ.今日は何の締め切りもありませんとか.

コメントは停止中です。