やる気のないパリの鉄道職員

ちょっとばかり話は戻って一週間前.以前購入した交通機関のプリペイドカードNavigo Decouverteをリチャージしておこうと,CDGにある駅の切符売り場へ向かったときのこと.

切符売り場のにいちゃん,13Euroと言うから,そんなに安いはず無いだろう,何か間違ってんじゃないかと確認すると.

「Thirteenと言ったら Thirteenだ」
「いや,それはおかしい.一週間分だよ?」
「だから,Thirtyと言ってるだろ!」

てめ〜〜〜…英語,間違ってんじゃん.

続いてパリが初めてのM君の番.彼はカードそのものも購入する必要があります.カードと一週間分のチャージをしてくれと頼むと,

「あ〜,もうカード無いんだ.全部売り切れて,無い無い」

さすがにプリペイドカードが空港と接続する駅で売り切れなんて信じられません.念のため列に並び直し,隣の窓口の職員に聞くと,あっさり出てきました!

最初のにいちゃん,全く仕事する気ないらしい.

ま,パリなので,そんなこともあります.

FacebooktwittertumblrmailFacebooktwittertumblrmail

「やる気のないパリの鉄道職員」への4件のフィードバック

  1. 日本も10年後には外国人に依存してそうなるかも~
    それにしても公共機関でねーーー。

    1. Chieさん,日本だとそのうち全部ロボットになってるんじゃないですかね.しかもメイドタイプとか.海外からの観光客が増えそうです.

  2. おフランスの方にはそんな傾向ありなんですか。
    さすが世界を股に旅慣れていらっしゃるLiLA管理人さん、
    見抜いていらっしゃいましたね。

    1. ポージィさん,おフランスというか,おパリですね.フランスには二種類の人種がいます.フランス人とパリジャン.これ系のジョークは結構やばいのがあって,あまり紹介できないのが残念.

コメントは停止中です。