テーブルワインって1000円くらいでしょ

Chateauneuf-du-Pape

正月番組で,超高級ワインと安いワインを飲んで,どっちが高級か当てるっていうのをやってました.高級なほうはともかく,番組で安いテーブルワインと呼んでいたもののお値段,なんと5000円.それってテーブルワイン?

一応産地が書かれたVin de Pays,あるいはテーブルワインそのもののVin de Table.こういうのが普通のテーブルワインじゃないんですかね.日本・アメリカで買えば一本1000円程度.ヨーロッパならその半額くらいか.

ワイン一本に5000円も出したら,かなり高級です.そんな贅沢滅多にできません.稀に買うことはあっても,勿体なくてそのまま倉庫で保管.結局いつまでもそこに残ったまま.

こちらのChateauneuf du Papeは,ちょっと背伸びして買ったものですが,それでも$30くらいだったか.5000円のテーブルワインなんて縁がありません.

ちなみに,こっそり買った「そこそこ高級」なワインが数本あるのですが,開けるチャンスが無くてずっと眠ったままとなっております.

Facebooktwittergoogle_plustumblrmailFacebooktwittergoogle_plustumblrmail

「テーブルワインって1000円くらいでしょ」への14件のフィードバック

    1. Sanaeさん,箱入りのワインって格安の割に結構美味しかったりするんですよね.ただ量が多いからパーティ用とかじゃないと飲みきれません.

  1. 全く同感です。あの番組で出てきた価格はレストラン価格だった節があるので、店頭だと半額くらいの相場かもしれないですけど、それでも2500円のワインなんて普段買いません。

    去年パリに住んでた間は近くのスーパーでいつも3ユーロ未満のボトル買って、充分満足してました。まあ舌の出来もそれ相応ですけど。

    1. Hiroさんレストラン価格ね〜.それでも半額として,テーブルワインにしちゃかなり高級ですよね.カリフォルニアワインで$20越えのは,ハレの日に限っております.パリだとテーブルワインはそんなものですね.それでも十分美味しいし.僕がパリ出張のときは,見栄張って20ユーロくらいのを買ってます.だってこっちで買ったらその3倍とかだもん.

  2.  管理人さん、Sanaeさん、Hiroさんに全く同感。そういうバカなことを、バカなテレビが言うから、みな敬遠してワイン買わない。だから安くならない、の悪循環です。

     一方、Good Newsも。日欧貿易協定(EPA)の12月最終合意をうけて欧州ワインがじわーっと増えつつあり、価格もやんわり下降してる感触があります。関税全面撤廃は協定発効後だけど(まだ一年くらいかかる?)、酒屋さんはキャンペーン準備に取りかかってるみたい。

      ♪♪酒が飲める、ワインが飲める、やすく飲めるぞ~♪♪

    1. Gonnekoさん,ワインなんて普通の酒なのに,なんか舶来物をありがたがってる空気がまだありますね.ボージョレ・ヌーボーを空輸して,世界で一番最初に飲めると宣伝してたのは笑ってしまいましたけど.
      輸入ワイン,関税はともかく,酒税ががっつりかかっておりますので,どれくらい安くなるんでしょ.

  3. 番組見て同じこと思いました。
    イタリアにいたころ、日本じゃ2万円ちかくするワインがスーパーでディスカウント価格で20ユーロで売ってたので買ったとイタリア人の同僚に言ったら、「イタリア人は滅多なことがない限り10ユーロ以上のワインは買わないよ。何かよほど特別なことでもあったのかい?」と笑われました。

    1. K.M.さん,家で飲む分はそんなもんですね.20ユーロのワインなんて,勿体なくて普段飲みできません.以前ボルドーで100ユーロするワインを買って帰ったんですが,あれは日本で買ったら鼻血もんです.

  4. 突っ込みどころ満載のバカTV(笑)
    見てないんですが「芸能人格付けチェック」じゃないかと思います。
    100万円の高級ワインと5千円のワインを飲んで当てるんですよね。

    悩みどころはここ。
    「1000円程度のテーブルワインじゃさすがにすぐバレない?」
    で、ぎりぎり微妙な5千円のワインを持ってきた。
    「高級ワインに対してネーミングはどうする?」
    「テーブルワインでいいジャン」
    まっこんなとこでしょTVなんて。

    1.  まさにChieさんの仰る通りなんだと思います。目に見えるよう。

       ワインの美味さなんて千変万化、その時々の状況次第。体調、気分、ふところ具合から、誰と飲むか、何を食べてるか、もう一本頼めるか、....、もちろんもちろんワイン自体、季節、風景、景気、東アジア情勢(はないか)。その千変万化が楽しみの根源なのに、日本人は全てのものを一直線に並べて順番付けして安心したがる。判断に自信ないからブランド名と値段にすがる。それって物事をつまらなくするだけじゃん。

       なんでワインの話になるとこう乗っちゃうんだろ。もしやアル中?

      1. Gonnekoさん,何段とか何級とかグレードとか,数値化するのが好きですもんね.ピアノのグレードとか,ほんとなんだろうって思ってしまいます.そりゃワインにだってグラン・クリュとか格付けありますけど.
        東アジア情勢,ありますよ.某国の景気次第では高級ワインが手に入らなくなったりすやもしれません.
        ところでオーストリアのテーブルワインの代表格,グリューナー・ヴェルトリーナですが,ウィーンで飲むとあんなに旨いのに,一歩ウィーンを出ると三流ワインに成り下がってしまうのが不思議でなりません.

    2. Chieさん,そう,その番組でした.芸能人の格付けってなんだよって突っ込んでおりました.一流芸人って,高級品が分かる金持ちってことじゃなくて,芸が一流なんじゃないかと.

      「テーブルワインでいいじゃん」...いくない

  5. だって、あれって吉本と関西のTV 局の制作だも~ん。
    吉本ケチだし、お金かけないで作る正月番組って粗雑なのよね。
    笑いがとれればいいだけで、一流の人間はあれには出ません。
    台本の一字一句まで目を通すスタッフなんてきっといない(笑)

    「いいじゃん」
    いくないよねーーー。

    1. Chieさん,なんかこっそりと業界裏事情喋っちゃってますね.吉本ってケチなんですか.かなり儲かってるイメージなんですけど.正月番組って,どうせ前年の秋頃に作ってるんでしょ.新春お笑いとか言いながら,じつはまだ数ヶ月残してるって.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。