ジョギングとBrahmsの交響曲

初夏からずっと旅続きで,国内ならともかく海外ともなるとカロリー過多になりがち.特にイタリアと日本は危険です.おかげさまで腰のあたりが何やらポニョポニョ.これではいかんと,数日前からジョギングしています.急に運動しても早々効果が出るもんじゃありませんが,かなり危機感があるもの事実.

よくiPod聞きながら走っている人がいますが,僕はあれが苦手.音楽以前に,イヤフォンを付けて走ると,それが気になって仕方なく,余計に疲れます.同じ理由で眼鏡も外して走ってます.黄昏時だと至近距離の物しか認識できないので,かなり危険かも.

音楽を聴かずとも,走ってる間は大抵なんかの曲が頭の中をぐるぐる回っています.今日聞いていた(聞こえていた?ちょっとあぶない?)のは,Brahmsの交響曲第三番,その終楽章.走る歩調と曲のテンポが丁度合っていたのか.

Brahmsの交響曲は4曲ありますが,以前某Blogサイトで人気投票をやろうかという話が持ち上がっておりました.結局立ち消えになりましたけど,とあるコミックとそのドラマ化の影響で,第一番とか人気がありそうです.僕も学生の頃はダントツに一番が好きでした.がっしりとした構造,終盤に向かっての盛り上がりと,最後すっきりの「じゃ~~ん」.新古典的交響曲の醍醐味を存分に味わえます.

でも最近は聞き疲れするんですよね.なんだか肩に力が入りすぎてるというか,どうだ,これこそ交響曲だと言わんばかりの気宇壮大さ.第二楽章はロマン派の交響曲はこうあるべしとばかりにソロヴァイオリンを入れたり…

Brahmsのことを書き始めると止まらないので,結論ですが,今現在一番好きなのはとっても渋い第4番.多分これは僕の残りの人生で変わらないと思う.それに続けて,2番,3番,1番の順序かな.この三曲の順番はその時の気分次第.

さて数日のBrahmsジョギングの成果ですが,現在のところ1kg減.誤差の範囲とも言う.

FacebooktwittertumblrmailFacebooktwittertumblrmail

「ジョギングとBrahmsの交響曲」への8件のフィードバック

  1. 日頃から名犬クゥちゃんのお散歩で足腰は鍛えられていると思いますが、準備体操と整理体操をお忘れずに。足首とアキレス腱と膝と腰と腕と肩と首と。。。えーっと、えーっと、それから...。

  2. いたずらリスさん,ほんと,いきなり走り始めるのは危険ですね.普段,そこそこ歩いてるのと,たま~に走ってるので,なんとか大丈夫そうです.えーっとえーっとそれから,ジョギング後のビールも大事 < 意味無いから!

  3. YouTubeで聞いてみました、第三番第四楽章、
    が、!これを頭の中で聞きながら走ってるんですか?
    テンポ合います?
    っつーか情景としては嵐の中を前進するとかゼーゼー苦しそうとか。
    およそ楽しげじゃないです。
    あ、苦しいのか、そうか。
    ブラームスは第三番第三楽章だけ知っていて好きです。
    ビスコンティのベニスに死すのテーマですよね。

    Keith Jarrett – The Köln Concert
    CD買いましたよ♪
    BGMに流しっぱなし、気持ちいいです。
    あたしってこういうのも好きだったんだーへー。

  4. 再登場!
    久しぶりにYouTubeを訪れ聴きまくりました。Keith JarrettのピアノMozartよかったわぁ。
    あのぉー、このクラッシックのリズムと申しますか何と申しますか、私ならジョギングよりどちらかと言えば、ウィーンのバレエか舞踏会のように手もつけて踊り出しそうです。競歩だったらましかも?国際宇宙ステーション内での運動にはゆっくりでよさげですぅ。

  5. Chieさん,確かにぜーぜーな感じですよねー.でも走ってるとそのまんまだし.案外合うもんですよ.僕だけかもしれませんが.
    三番の三楽章の旋律は有名ですね.えっと,映画だと「さよならをもう一度」じゃないですかね.「ベニスに死す」は,マーラーの交響曲第5番第4楽章ですね.他にもマーラーの交響曲から数曲使われていましたけど.こんなシーンかも.

    をぉ!キース,買われましたか.ケルンコンサート,いいですよね.僕も今まで一体何度聴き返したことやら.

  6. 再登場いたずらリスさん,キースがチックコリアとモーツァルトのピアノ協奏曲をやったことがありますけど,もしかしてYouTubeにありました?
    ウィンナワルツを聴きながら走ったら,絶対にスキップスキップしてしまいます.そんな走行状態,絶対に人には見せられませんよ.シューベルトの冬の旅とか聞きながら走ったら,次第に歩調が遅くなり,最後,絶望... orz

  7. マーラーか、間違えちゃった。
    ベネッツィアいらしてたんですね。
    狭い路地に流れるあの運河は海の匂いなのか、
    はたまた淀んだ川の匂いなのか、ずっと疑問でした。
    観光本にもブログにも書いてないんです。
    どんな匂いがしてたか覚えてますか?

  8. Chieさん,無粋とは思いつつ指摘しちゃってすみません.弦楽合奏とハープだけで演奏されるあの美しい曲も大好きで,ピアノ独奏用に自分で編曲したほどです.今じゃソロピースが売られてますけどね.
    ベネツィアの運河って,私の記憶が確かなら,海の満ち引きと,川の水が常に混じっていて澱まないようになってたんじゃなかったでしたっけ.とは言え,澱んだところもあって,そんなところはドブ臭いですよ.そんなに潮の香りはしなかったと思います.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください