ヤクルト問題を語ってみる

異常な暖冬が続いています.今日も最高気温が12度.夕方,ウインドブレイカーをひっかけてジョギングしてきましたが,暑くて途中で脱いでしまうほど.例年ならダイヤモンドダストが舞う1月なのに,短パンTシャツでジョギングできるって一体全体なんなんだ.

走った後は,ヤクルトをぐびっと一気飲みしてからシャワー.

ところでヤクルト,いつも悩んでいるのが,底に残る沈殿.なにか良い成分を飲み残してるんじゃないかと,飲む前にかなりシェイクするんですが,どんなに振っても何故か残ってしまう.

ところでヤクルト,キャップを完璧に剥がして飲んでるわけですが,子供の頃は違いました.歯か爪で穴を開けてちゅうちゅう,なぜかそういう飲み方してました.飲みにくいんだけど.

ところでヤクルト,一本だけって物足りなくないですか.もうちょっと容器が大きければ飲みごたえあるのに.お腹こわしちゃうのかな.炭酸で割ってみようか.

Facebooktwittergoogle_plustumblrmailFacebooktwittergoogle_plustumblrmail

「ヤクルト問題を語ってみる」への16件のフィードバック

  1. ヤクルトは乳酸菌の酸味を抑えるのに大量の糖分が入っているので、デンジャラスですよ。日本の道端で見かける自転車でヤクルトを運ぶ妙齢のお姉さま方(ヤクルトレディともいう)を、勇気を出してナンパすると、特別なヤクルト売ってくれますよ。あと、アイスクリームを売りつけにきてくれるグリコのおじさんもいます。さて、このなかでガセはどれでしょう。

    1. インプラント猫娘さん,その中でガセは大量の糖分です.たしかあれは人工甘味料だったはず.アイスクリーム売りのグリコおじさんは,道頓堀に出没し,三分以内にしゅわっと消えていきます.

      1. ヤクルトカロリーハーフはスクラロースを使っているようです。スワローズではありません、という知恵袋を見て不覚にも笑ってしまったのがくやしいです。
        https://m.chiebukuro.yahoo.co.jp/detail/q13179688398?ccode=ofv&pos=1
        ヤクルトレディさんからヤクルトを買うとストローをつけてくれるので、管理人さんの悩みがひとつ減ります。
        道頓堀でバンザイしてるグリコおじさんには赤ランプついてなかったような。墓場研究所はグリコより森永が近いです。

        1. インプラント猫娘さん,次回の東京でヤクルトレディさんを探さないといけませんね.ストローを貰って,おもむろに缶コーヒーを開ける,きっとぶん殴られますね.
          墓場研究所には,グリコより森永より,やはりお盆の落雁がよろしいかと.

          1. 慰霊祭で配られる餡入り落雁は金沢諸江屋謹製、美味しいです。和の心を感じます。むかしは入学卒業時にお赤飯配られてましたが経費削減されたようです。

            1. インプラント猫娘さん,僕は子供のころ,お赤飯を見ててっきり甘いぜんざいのご飯だと思い,食べてがっかりしたことを忘れません.

  2. 残る残る!そして二本飲みたくなる(笑)!

    賞味期限は純粋に味に対するものなのか、シロタ菌の寿命なのか?(最初から死んで説も聞いたことあるけど。)

  3. ヤクルト400LTを飲んでます。
    14本のパッケージを幼稚園児のママさんが配達してくれます。
    すぐに冷蔵庫に入れないと株が死ぬらしい。
    カロリーは1本(80ml)で40Kcalです。
    年末に1本「特別のヤクルト」をくれました。
    母によると「いつものより甘かった」そうです。
    何が特別なのかはわかりません。
    底に残るアレ、気にしたことが無かったけど今度聞いておきますね。
    飲み忘れて余るので3本飲みしますが何の問題もおきませんよ~~

    1. Chieさん,お腹の健康のためには,毎日飲むのが良いんでしょうね.400ってのは普通のタイプの倍なんでしょうか.二本飲んだらカロリーが気になりますが,三本飲みしちゃうのね.こっちで売られてるのは普通のヤクルトですが,売り場にはパチもんヤクルトも売られております.そっちのほうがずっと安いんですけどねえ.

    1. K.M.さん,あの大きさには意味があるんですね.子供の頃,強力わかもとが美味しくて,こっそりぼりぼり食べてたんですが,ああいうのはよくないですね.

      1. 僕が学部生時代に学生実験中に実験室にあったエタノールをチビチビやってたのよりマシかと・・・

          1. 当時の僕は最初そんなことも知らず、友人から言われて焦って調べたら消毒用とかではなく「試薬エタノール」なら醸造アルコールと同じだと知り、安心してその後もチビチビ、、、嘘です。「酔っ払いながら実験をしている不届き者がいる」と密告されたのでバレないうちにやめました。

            1. K.M.さん,高純度エタノールは結局どれも同じですからね.ウォッカとも言う.ちなみに酔っ払って実験するのは,僕が学生の頃は標準状態でしたが,不届き者対象になってしまったのは何時の頃からでしょう.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。