形式が大事な国で形式を壊していたこと

今年,職場の海外出張申請システムが変更になり,手続きが「やや」簡素化されました.何かにつけ,ほどほどいい加減な手続きが心地よいこちらの事務ですが,感心するのは積極的なIT利用による手続きの簡略化.出勤簿はWeb上,給与明細もWeb上,種々の細かな手続きはPDF.紙の書類もめっきり減りました.

ふと思い出すのが,今年4ヶ月間滞在した目黒方面の某大学.出勤簿を出せとメールされてきたのが,Wordファイル.カレンダーのようになっており,日々◯印を付けていくらしい.おまけに印刷して手書きサイン.印鑑もあったかも.

困ったことが一つ.僕のパソコンにMS Wordは入っていません.代わりにLibreOfficeを入れていますが,滅多に使うソフトでもない.出勤簿への入力はLibreOfficeを使ったものの,いざ印刷しようとすると,表のサイズが微妙に変わってしまい,A4一枚に印刷できない.

おそらくデフォルトの設定がUS Letterサイズのため.もしアメリカだったら,2ページにまたがろうが内容が同じなら問題無しです.でもここは日本,きっと形式が大事なんだろうな.

全体をわずかにズームしました.ぎりぎりA4に入る程度に縮小して印刷.もしこの書類を受け取った事務員さんが超厳格であったなら,このトリックに気づいたことでしょう.

幸い気づかれることもなく4ヶ月をやり過ごしました.僕の「紙の出勤簿」,もしあの大学がまだ紙のまま保存してるのなら,表のサイズが微妙に異なることに何時か気づかれることでしょう.公文書偽造罪の時効が何年なのか,今調べている段階です.

FacebooktwittertumblrmailFacebooktwittertumblrmail

8 thoughts on “形式が大事な国で形式を壊していたこと”

  1. 出勤簿!
    あるのが普通なのか・・・
    通信簿とか家計簿とか、簿の付く言葉は苦手です~
    だけど、時給や日給じゃないのに何故必要なのかなーそもそも。

    1. Chieさん,あったんですよ,大学に.理由は有給休暇の計算とか,ズル休み防止とか,いろいろあるんでしょうね.昔いた職場でも出勤簿はあったんだと思いますが,事務室に自分の印鑑を預けておいてゴニョゴニョ...

  2. 某南の島の大学では、出勤簿はいつも紙でつけています。
    アナログなものが多すぎるので、事務作業が煩雑ですよ。
    いいかげん電子化してほしいものです。。。

    1. てっすいさん,出勤簿が未だに紙って信じられないんですが,まだまだ健在なんですね.電子化すると言うと,じゃあその費用は誰が負担するんだと言い出す人が確実に出て来ます.

  3. 科研費をチェックしてくれる事務の方々は、一文字フォントが違うだのボールドになってるだの、半角スペースか全角スペースか、はみ出てるだの表が1ミリずれていることも指摘してくれます。なので、管理人さんの書類偽造は確実に見破られることでしょう。ただ、うちの職場の出勤簿は数年前よりB4からA4(くらい)に縮小されましたので、うちならばれないかもしれません。ちなみにわたしのしてみたいことは、安い社食を食べながらタイムカードをいかに遅く切るか思案することです。あと、りん◯だと窓で作成された書類ってずれることがあるので、そもそも一枚におさまらないかも。

    chieさん、特別休暇や出張を書き込むためです。でも出張伺は別に書きます。

    1. インプラント猫娘さん,科研費申請書をチェックしてくれるのはありがたいのですが,一文字フォントが違っただけで減点対象になるとは思えないんですけど.もっと他にする仕事はあるんじゃないかと.
      タイムカードを遅く切ったら,もしかして残業が付くんですか!? それは嬉しい職場かも.うちは何時に帰ろうが,残業一切無しです.なんだかんだで職場には10時間くらい滞在してます.10時間経つとネットを切られるので,そこが潮時.

      1. だって内容を見るのはPIですもん(そんならうちの上司はノーチェックだからゴニョゴニョ)。
        タイムカードを切ったのはバイト先、日給なので残業代はもちろん出ませんでした。さらに言えば半日扱いなのに九時五時勤務、鬼のような職場でした。二度と行くものか。
        ネット、なんで切られるんでしょう。パソコン、熱くなるから?

        1. インプラント猫娘さん,ネットが切られるのはセキュリティのためです.つなぎ直せばいいんですが,ちょっと面倒.
          9時5時勤務なのに半日扱いって,労働基準局へ訴えていいレベル.未払い賃金,請求しましょう.

コメントは停止中です。