節約しても自分のへそくりにならないからくり

500 euro

海外出張費を現金でもらうことがありますが,それなりの金額になる関係上,札束も分厚い.高額紙幣で払って貰えば財布に優しい厚みで収まりますが,こんな500Euro札,普通の店では受け取って貰えません.

使えないままの紙幣,数千Euro分が机の引出しに眠ったまま.へそくりしてても仕方ないので,ついに銀行に持って行く決心しました.手数料は取られますが,自分の口座に入れてもらいます.

ところで,出張費が定額になってる場合,旅費をケチれば差額は自分の懐に入ります.実際,極力安いホテルを探し,食費を節約する人もよく見かけます.僕の職場の場合は実費払いなので,そういう努力は報われませんが,以前,そういう節約してる友人に

「旅費,残してお小遣いにするの?」

と聞いたら,奥さんに全部召し上げられるんだとか.差額が出るのはお見通しらしい.厳しいねぇ.

Facebooktwittergoogle_plustumblrmailFacebooktwittergoogle_plustumblrmail

「節約しても自分のへそくりにならないからくり」への2件のフィードバック

  1. すごい。数千ユーロって50万円ぐらい?
    うれしい~~っ!
    て違うのか。

    ご飯節約してまで貯めたのに奥さんがって、
    かわいそすぎる!と私は思う。
    旅先でバンバン使っちゃいなさいと言いたい。

    1. Chieさん,そうですね,50万円弱あったかも.引き出しに入れっぱなしにしてちゃ,意味ないですね.あ,もう銀行に入れちゃいましたから.読者プレゼント無しです.
      旅先でバンバン使う人はおりませんねえ.皆さん,お持ち帰りしております.学者さんは贅沢慣れしておらんのです.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。