濃霧のウィーンのあやふやな観光

VIC

一週間のウィーン出張を終え,昨晩戻ってきました.濃霧に覆われたウィーンで,朝出かけるときにジャケット無しじゃ寒く,でも上着を羽織っていると蒸し暑く汗ばむ.なんだか変な天気でした.

今回の滞在ではあまり外食もせず,ホテルのラウンジでの軽い夕食ばかり.さして写真も無いのですが,そんな中からの数枚です.

Vienna Airport到着,真っ先に注目したのがこちら.なんとドアを開けたまま走ってるタクシー.

これ,停車してるんじゃなくて,徐行ながらも本当に動いています.このタクシーだけが変なのかと思ったら,他のタクシーもやってるのを目撃.何か理由があるんでしょうか.

ドア開きタクシー

続いてはAustrian Armed Forces.町中で隊員の勧誘してました.君もこの戦車に乗ってみないか,と.

戦車
ヘリコプター

一番ウィーンらしい写真はこれかも.ウィーン楽友協会.Franz Welser-Moest指揮, Cleveland Orchestraの演奏で,Beethovenの弦楽四重奏15番の弦楽合奏版,Stravinskyの「春の祭典」.楽友協会でClevelandを聴くのは,これが二回目

14と16番の弦楽合奏版はBernstenの録音が有名ですが,こちらは15番.感動的な3楽章が,さらに強く心に響きます.

そしてハルサイですが,やっぱりこのオケは上手い.超難曲ながらも,素晴らしいアンサンブルの演奏を聴かせてくれました.でもなんでウィーンくんだりまで来て,アメリカのオケを聴いているんだろう.

wien musikverein
Facebooktwittergoogle_plustumblrmailFacebooktwittergoogle_plustumblrmail

「濃霧のウィーンのあやふやな観光」への6件のフィードバック

  1. ウィーンで聞くクリーヴランド響、いいじゃないですか。私はパリでベルリンフィル聞きに行きましたよ。ラトルが振るショスタコーヴィッチの1番と15番交響曲。日本の演奏旅行では絶対に聴けない選曲ですし。

    1. Hiroさん,最初と最後の交響曲,聴衆を選びそうです.2番と3番だったら,どんだけMやねんってツッコミ入れたくなりますが,さすがにその組み合わせはないか.

  2. タクシー自動ドアじゃないんですよね。
    開けるの面倒だから飛び乗る?

    1. Chieさん,自動ドアのタクシーなんて日本だけでしょう.他にあるのかな.開けたまま運転どころか,ドアから足出してました.意味不明です.もしかすると,あれで「停車してないんだ」と主張してるんでしょうか.

  3. 春祭聞けるなんていいですね~!次は是非本場ウィーンのオケで聞けるよう願っています。

    1. ハクさん,何度かはあるんですが,出張のタイミングと合わせるのは難しいですね.東京の方が確率高いかも.チケットも高いけど.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。