Los Alamosスキー場のアスペンの黄葉

Jemz Mountain Sky Hill

Los Alamos裏山のJemez山,そこにあるスキー場へ黄葉を見に行ってきました.2011年の山火事で黒く焦げ,無残な姿のまま立ち枯れた木々.でもその根元から成長の早いアスペンが伸びています.

今では黄葉を堪能できるほどに成長し,黄金色のカーペットが広がりました.

New Mexcioの短い秋は今が盛り.この黄色く染まった山にもじきに枯野が広がり,やがて雪に埋もれます.

Facebooktwittergoogle_plustumblrmailFacebooktwittergoogle_plustumblrmail

「Los Alamosスキー場のアスペンの黄葉」への16件のフィードバック

  1. こんにちは
    長らくご無沙汰しております。
    (記事は時々まとめて拝見しておりました)
    9月がどこかへ飛んでしまったような感覚でいる私にとって
    黄葉のお写真がこれまた一気に季節が進んだ感じです(・o・)
    山火事からもうそんなに何年も経ちましたか。
    黄葉が見られるほどに生長してきたアスペンの木々。
    嬉しいですね。黒く焼けて立ち枯れた木々は、
    やがては倒れ朽ち、若いアスペン達の肥料になって
    いくのでしょうか。

    1. ポージィさん,こんにちは.あの山火事からもう6年も経っておりました.避難騒動でクゥを連れて放浪したりと,大変だった一週間を思い出します.立ち枯れした松はじきに朽ちて倒れるようです.もう枝は枯れて落ちていました.こうやってロッキーの自然が再生していくんでしょうね.

  2. 真っ黒に焼けただれた時の樹々を思い出します。
    あれがこんなに美しくよみがえるとは!
    どこかには山火事の時だけ子孫を残すために種を飛ばす松(?)があるとか。
    関係ないけど、古くなって勢いの悪いバラは、
    じゃベルの先を縦に使ってガシガシ根切すると元気を取り戻します。

    「艱難辛苦なんじを玉とす」植物はそうかもしれない。

    1. Chieさん,山火事後数年は焼け焦げた禿山だったのが,しっかりと木々が成長していますね.山火事で種を飛ばす木は,オーストラリアでしたっけ.
      職場の机の上に置いているポトスが,最近元気ないのです.あの生命力の植物が,なんかいつも水不足みたい.植木鉢から抜いて,根を切ってみますかね.

          1. 茎を切るのはいい考えです。
            20センチぐらい切り取ったら、
            葉も付けて透明のガラス容器の水に浸けておくと、
            葉の付け根から白根が出ます。
            これを植えればいいし水耕栽培でもいけます。
            窓辺で太陽に当てると根が出やすいよ。
            残った親のほうは植えたまま様子を見てね。
            でも・・・冬だからなーどっちも難しいかもよ~~

            来年新しい鉢植えを一個買って、
            びろ~~んと伸びないうちに茎を切って、
            同じようにして白根を出して増やせば大家族になるはずです。

            1. Chieさん,試しに勢いの無い茎を切ってみました.あれを水耕栽培するにはちょっとしょぼかったので,とりあえずその部分は捨てました.のこった部分がもう少し成長したら,そこから水耕栽培してみましょう.でも今の季節は触らないほうがいいのかな.

  3. あの火事はもう6年も前のことになりましたか。葉が黄色くなると焼け焦げた木とのコントラストがはっきりして、森の回復の程度がよくわかりますね。いまウランバートルにいますが大学構内の樹木がやはり黄色くなって綺麗です。LiLAさんの教え子だったモンゴル人の奥さんは国会議員になったそうです。ただ教え子ご自身の消息はよく分かりませんでした。

    1. 現地委員さん,国会議員とは驚きです.教え子のほうからは,何度か会議への招待を頂いたんですが,一度も行かないままです.ウランバートル,毎日肉を食べてそうなイメージ.
      アスペンが山を黄色く染めたのもつかの間,今日はもう初冬のような空気です.そろそろコタツだそうかな.

      1. 実際冬は毎日肉を食べないと寒さを乗りきれないとホストの女性がいってました。毎日肉を食う割にはずいぶんほっそりしているなあと思ったら彼女は夕飯は果物程度で、肉は主に朝ご飯に食べるのだといってました。

        1. 現地委員さん,朝稽古が終わった後に肉たっぷりのちゃんこ料理とか...あ,そういう話じゃないですね.
          実際冬は寒そうですね.ウランバートルの気温調べてみたら,最低-30度いきそう.
          で,馬乳酒は試されましたか.

  4. 冬は休眠期です。ポトスも同じです。
    切った茎を水に浸けて根を出させるのは夏まで待ってください。

    今後ですが、
    これからもどんどん弱って一見枯れてしまったようになります。
    最後に10㎝ぐらいの太めの茎が何本か残ると思うので、
    これは付けておいてください。
    この状態で、
    日中は日の当たる窓辺、夜は窓辺から離します。
    冬の間は肥料は断ちます。
    水は週一回でいいと思います(土の表面が乾くのを目安に)
    受け皿に水を溜めないで鉢底から抜けるような水やりをします。
    5月か6月に小さい芽が出てくるまでこれだけしてください。

    心配なのはすでに根腐れしている場合です。
    根腐れは水のやりすぎが原因です。
    夏場は吸い込んだ水を葉が蒸発させますが、
    秋も冬も夏と同じ水やりだとその力が無くなり根が腐ります。
    体力の無い今、根をいじるのは致命的ですから確認できません。
    今は我慢の時です。
    春に再生するのを気長に待ってみてください!

    1. Chieさん,ありがとうございます! 日本に居た間,同僚に世話を頼んでいたのですが,彼の部屋の日当たりの悪さが一因かなと思ってました.もしかしたら水やりすぎだったのかも.根腐れは無いと思うんですけどね.なんせあっという間に乾燥してしまう環境ですので.とにかく春まで様子みてみます.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。