秋なのにスローな春

同僚にヴァイオリン弾きの女性がおります.以前からアンサンブルやる話が出てはウヤムヤという状況が続いていましたが,ようやく実現しそうな雰囲気になってきました.新しい弓を買ったんだとか.

手始めに曲目はBeethovenのViolin Sonata第5番.Spring Sonataというニックネームで有名ですが,いまはもう秋,誰もいない海.

先週彼女から,楽譜を入手したから週末に練習しとくという連絡がありました.そして今日の電話.

「練習しすぎて,指が痛い」

そこまで真剣にやるんかと,ちょっとビビった.でも,

「普通のテンポじゃまだ無理だから,半分の速さでいい?」

半分速度のSpring Sonata,春眠暁を覚えずなほど超スローにピアノ弾くのって,ボロが目立つのでそれなりに難しいです.さてどうなることやら.

Facebooktwittergoogle_plustumblrmailFacebooktwittergoogle_plustumblrmail

「秋なのにスローな春」への6件のフィードバック

  1. えーいいと思います~~
    2楽章なんか憂いがあって秋っぽいです。
    それはそうと半分の速さの楽譜ってあるんですか?
    メトロノームとか使うの?
    すみません初歩的な質問で。

    1. Chieさん,半分の速さの楽譜ですか.速度記号んとこの数字をホワイトで消して,半分の数字を書き込みます.今じゃスマホがメトロノームになるので便利ですよ.

  2. 本気で練習してアンサンブルをやるとはこれからまた楽しくなりそうですね。続報を楽しみに拝見しております。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。