せめてスライドくらいは英語で

先日,国際色豊かな職場環境にちょっと触れましたが,今日もそんな話.

最近パリからやってきた新人ポスドク君,パソコンにかじりついて発表用スライドをひたすら修正しています.理由はそれがフランス語で作られていたから.こっちでそれを見せられても理解できる人は少ないので,英訳作業です.

勿論いまどき「スライド」は使いません.コンピュータでのプレゼンですが,まあそこは慣用としてスライド.

日本の学会に参加するときいつも思うのは,やっぱりスライドは日本語なんだなというと.そりゃ観客はほぼ全員日本人です.でも海外の人もぽつぽつといることもあるし,せめてスライドくらいは英語で作っといたほうが親切だと僕は昔から言っておるのです.

そんな話をずっと昔,日本の大学の某右傾センセイに言ったときのこと.子曰わく,英語を世界共通語と考えるのは英米の傲慢である.日本人の研究成果を理解したいなら,日本語を勉強するのが常識である.

まあ日本の学会ならそうかもだけど,最初から英語でスライド作っておけば,国際会議に参加したときに,再利用できるんだけどな.科学技術界隈では実質的に英語中心になってるんだから仕方ない.あのセンセイだったら,海外での発表でも日本語を貫き通すかもだけど.

「頑張って英語でスライドを用意しても,英語が間違ってたら恥ずかしい」なんて言う人もいました.間違ったら恥ずかしい.なんか典型的な...って感じもしますが,スライドに書かれた日本語が間違ってることだってざらにあるのに.

Facebooktwittergoogle_plustumblrmailFacebooktwittergoogle_plustumblrmail

「せめてスライドくらいは英語で」への8件のフィードバック

  1. ”英語が間違ってたら恥ずかしい”←実際、日本人には英語・日本語に関わらず細かい間違いに気がついたら鬼の首をとったかのように指摘する人、結構いますからね。僕は日本人がいないところでは細かい間違いなど気にせず話しますが、日本人がいると気にしてしまいますね。ただ僕は英語は上手じゃないのに、英語を話している時には何故か日本人に思われないことが多いんですよね。以前、日本の職場で外国人ポスドクと英語で会話している時に、日本人の知人を紹介された際には「Nice to meet you」と普通に言われてしまって、、、、こちらが「初めまして」と言ったら「え?日本人」と本気で驚かれてしまって・・・。ヨーロッパにいた時も、道端で普通に現地の言葉で話しかけられるし、スペイン人の知人もすぐに僕が日本人であることを忘れてスペイン語で話しかけることが度々ありましたし、沖縄に遊びに行った時も現地の人に琉球語で話しかけられるし、、、何故かどこに行っても現地人に間違われてしまうんです。

    1. K.Mさん,日本では日本人に見られず,スペインでも沖縄でもヨーロッパでも現地の方と間違われるとは,失礼ながらも是非ともお顔を拝見したいものです.
      細かい間違いを指摘する人,いますね.日本の大学の事務とか,常に完璧な書類を求めますからねえ.それくらいそっちで修正しといてよと思うような仔細な間違いでも,再提出を言われたのを思い出しました.アメリカじゃ,完璧な書類なんてありえないんじゃないかって思うこともしばしばです.

      1. 沖縄人に間違われるのは自分でも納得します。(多分、LILA管理人さんは何度か見ているかと・・・笑)
        日本でたまに呆れるのは、書類手続きを電子化したのに、それを決済するための別の手書き書類手続きが増えるという摩訶不思議なことが起こることですね。変な部分で手書きにこだわりますし。。。以前の職場では、署名以外は手書きでなくてはならないものがあって驚愕しました。署名だけは手書きでって言われるのであれば納得なのですがね。。。日本の事務屋の論理は理解できません。

        1. K.Mさん,日本の事務屋さんたちは,基本性悪説に則って行動されるようです.なにかにつけ,偽造する可能性があるとか,不正の可能性があるとか.出張時に提出させられる「証拠書類」の数々も.手書きにこだわるのは,なんかあったときに筆跡鑑定でもするんでしょうね.

  2. 学会発表のスライドは、私も「初めから英語」派です。日本の国内学会であまり話さなくなったせいでもありますが、もともと日本語は漢字のおかげでコンパクトなので、英語化すると文字数が急に増えてレイアウトが崩れてしまい、その修正がまた面倒なのです。

    1. Hiroさん,確かに日本語での説明を英文にすると長くなりますね.そもそも和文からおこした英文って,なんかちょっとしっくりこないのが多いです.
      テキストくらいならまだ英文変換はさほどたいした作業ではないのですが,図も日本語にしちゃってる人いますね.

  3. 現在、かの国で技術指導に当たっていますが、英語でスライドを作るときに宋体フォントを使う学生さんがよくいるので、毎回のように注意しています。なんでも彼らのパソコンでは画面で区別がつかないそうで、昨日は文字レベルでタイムスフォントとハイブリッドになっているスライドを出してきました。日本だと明朝体で半角アルファベットってとこですね。

    1. misssyさん,以前Android機を使っていたとき,漢字が全部あちらのフォントになっており,なんか悲しかったことがあります.読めるんだけど,なんか違うんだよなあと.
      ハイブリッドと言えば,査読の依頼をある人にしてたら「パラグラフの途中でフォントが変わってる」というコメントが戻ってきたことがあります.そこまで査読するんだと驚きました.
      機種依存文字とか使って,Macでスライド映したら全然変わってたとかもありますね.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。