Salt Lake CityからSeattleまで

例によって早朝6時のAlbuquerque発の便で出張です.この朝イチ便と,深夜に戻ってくる便,今まで何度利用したことやら.

今日はSalt Lake City経由でSeattleへ飛んでいます.窓側座席だったので,変化していく風景を観測.

という訳で,Seattleのホテルにチェックイン.このホテル,なんかパイナップルだらけなんですけど.

Facebooktwittergoogle_plustumblrmailFacebooktwittergoogle_plustumblrmail

「Salt Lake CityからSeattleまで」への8件のフィードバック

  1. いつも楽しく拝見しています。

    幼い頃、松ぼっくりが大きくなったらパイナップルになるのだと思っていました。
    パイナップルの花言葉、ご存知ですか?

    完全無欠、あなたは完全です

    なんですって。あ、パイナップルは、もはや花じゃないか。

    1. DT041422さん,パイナップルの花言葉って「完全無欠」なんですか!? パイナップルの花ってハワイでみたと思うんですが,あまり印象にありません.なんかトゲトゲしてたような.
      松ぼっくりは,ちゃんと育つ前に地面に落ちちゃったんですね.落ちなければ,たくさんのパイナップルがたわわになってたはずなのに.
      ところで,おさるが拾って食べる松ぼっくり,いったい何処を食べるんだろうと幼いころ疑問でした.

  2. 観測写真3枚目の円形芝生(?)のパッチワークは何ですか???

    大航海時代パイナップルは富の象徴でしたので、その名残で最大限のおもてなしのつもりなのでしょうか???

    ハテナだらけにしてみました。

    1. Sanaeさん,あのパッチワークは畑ですよ.センターピボット方式って社会科で習いませんでしたか.
      僕はパイナップルと椰子の木がごっちゃになってました.南の島でのおもてなしは,高い木になるパイナップル,みたいな.

  3. 空からの景色、なかなかバラエティに富んでますね。
    赤い水面みたいなのは何ですの?
    ●と■の緑が並んだのは何でしょ?
    深い皺のようなのは、谷間を流れる川?
     静かーなる Red River Valley 空に光る雲よ~♪
     (つい思い出して歌ってしまいました)
    Sleep with Me ですと?
    パイナップルと寝たらチクチクと痛そうです。

    1. ポージィさん,赤いのはソルトレイクの一部なんですが,何故赤いんでしょうね.鉄分でも含まれてるのかも.●はセンターピボットという灌漑方法で作られた畑で,中心部で地下水を組み上げ,ながーいアームから円形に水を撒きながら農作物を育ててるんです.

  4. ほんとほんと。
    緑のタイル貼ったようなの、これは何?
    (お答えは皆さんのを見るからいいですよ)

    1. Chieさん,センターピボットでは,水の他に肥料も同じようにまきます.アームが1日に何度も回転することで,水をまんべんなく行き渡らせています.
      というわけで,皆さんへのお答えを分割してみました.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。