ちょっとじゃ終わらない「ちょっと」

California出張仕事を終えての帰路.会議そのものは集中的に続いてはいたのですが,何故か会議室を抜け出してばかりだった.理由はドアが開いていたこと.

ドアが開いてるから脱走とか,そういう犬みたいな話ではありません.ドアが開いてると,会議参加者が廊下から丸見え.そうすると廊下を歩いてるローカル人に気づかれるわけ(廊下とローカルをかけてみました).

中にはずかずかと入ってくるのもいて(なんでもありなアメリカン)

後でちょっと部屋に来てよ

それが「ちょっと」で済むはずもない.会議外の議論は数時間続きます.そんなのを何人かとしてたら,瞬く間に出張期間終了.一体何しに来たんだか,となる.特別手当を払えよ.

今回の会議主催者は,「場所が悪かった」とはっきり申しておりました.もっと人目につかない会議室を取っておけば,こんな事態にはならなかっただろうに.

Facebooktwittergoogle_plustumblrmailFacebooktwittergoogle_plustumblrmail

「ちょっとじゃ終わらない「ちょっと」」への13件のフィードバック

  1. ドアを外界へつづく出入り口だと認識できるかどうか、という問題があります。認識出来なかったら廊下へ脱走すらできません。
    また、犬に舌を出されるのは犬に舐められてるからだという説があります。LiLAさん、毎日舌を出されてませんか?それはおたがいの縄張りを争うというローカルな話なのかもしれません。

    1. インプラント猫娘さん,会議が結界なのかどうかとの表裏一体ですね.ドアの外は,外界なのか,別世界の入り口なのか,こたつ猫がお茶を飲んでいるのか.
      うちのわんこは,舌出しませんねえ.縄張りは専用ベッドの上だけのようです.

  2. それだけLiLA管理人さんがメジャーな方だからですね。
    大勢の方が「後でちょっと」と声を掛けたくなる存在。
    喜ぶべきか仕事にならんと嘆くべきか。はて?

    1. ポージィさん,いやいやメジャーとかじゃなくて,たまたま知り合いの多い環境だっただけなんです.今度は場所を変えて,ビールでも飲みながら仕事できる場所で会議やってほしいです.

      出張中の写真があまりありません.晩御飯に出たのも,アフガンレストランだけでしたので.この噴水は数少ない風景写真の一枚です.あれ,一枚だけかな.

  3. 「あとでちょっと部屋に来てよ」
    いろんなシチュエーションが浮かびました。
    しかられる。なぐられる。うちあけられる。せまられる。
    なんかろくなことがなさそう。
    さすがに「議論する」は浮かばなかった。
    「シャンパン用意しといてね」とは言わないんですか?

    1. Chieさん,コーヒーすら出ませんでした.出てきたのは論文のコピーだらけ.ちょっとこれ読んでよって言われても,5分で読めるもんでもなし.
      ビジネスマンの場合,ちょっと部屋に来てよと言われたら,クビを言い渡されるシチュエーションですかね.

  4. 会議そのものより、会議抜け出して耽った雑談のほうがより有意義だったなと思う出張って、時々ありませんか?それともサボった後ろめたさでそう思いたいだけなのか。

    1. Hiroさん,会議抜け出し,カフェでビール飲みながら雑談ってパリでよくやってま...いやいや,やりませんから.

  5. その、いつも開いてる「どこでもドア」つき会議室って、大きな橋を渡ってP村をよこぎり、L村を少し行ったとこにあるバカでかい空地(外からはそうとしか見えない)の中にあるのでは。だとすると、世の中ずいぶん開けてきたものですね。そこがUSではなく昔のロシアなら、ついでに調理場脇でウォッカ飲ませてくれたり……。

    1. Gonnekoさん,かつてはバカでかい空き地でしたが,最近じゃぶどう畑だらけです.ワイナリーには高級レストランも併設されており,観光客も増えているようです.あの空き地の中で何が行われているのか知りもせず...

  6. PS:人気者の管理人さんだからお声がかかる。小猫なんか誰にも呼ばれない。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。