珍しく空席だった非常口座席

Exit Row

珍しく3つ並んだ空席があります.それもExit Row,つまり非常口座席.非常時には緊急脱出の手伝いをする必要がありますが,まあそういう事態は滅多に無いはず.広くて足を伸ばせるので人気なんですが,この日は誰も希望しなかったらしい.珍しいこともあるもんだ.

僕が座っている側も空席.この一列に乗客は僕一人です.肘置きを上げソファにして寛ぎたいところですが,残念ながら肘置きは上がらない.スペースが広い分,前席背面のテーブルが遠すぎるので,テーブルが肘置きに格納されているタイプ.

非常口の先は翼なので,窓の外の眺めはあまり良くないのも欠点.着席時に英会話能力をチェックされるのも,ちと屈辱(?).

ま,いいのです.ゆったりスペースがあるから.

と言いつつ,大概は靴脱いで座席の上であぐらかいて寝てるんですけど.

Facebooktwittergoogle_plustumblrmailFacebooktwittergoogle_plustumblrmail

「珍しく空席だった非常口座席」への6件のフィードバック

  1. 友人の家族が5年前からハワイ在住で、
    彼女のお母さんがこの席大好き。
    英会話力ほとんど無い筈なのに不思議でした。
    きっといつも同じテストなのかも。
    「チェックされるのがちと屈辱」とはつまりそういうこと?

    1. Chieさん,テストはいつも同じですよ,「へぃ,が〜いず」から始まります.それはさておき,ハワイ在住なんてやってみたいもんです.

  2. これだけ空席があると体も気持ちも解放感ですね!
    もしかするとハネムーンで初海外旅行に行ったとき、
    行きがこういう席だったような… 英語力は試されなかったなぁ。
    もう無くなったアメリカの航空会社だった気が(ぅ~思い出せない)
    しますが、大昔はテストはなかったのかしら。

    1. ポージィさん,もうなくなったアメリカの航空会社,パンナムとか,ノースウエストとか.もっともどっかの航空会社に併合されていますけどね.航空会社って,倒産してもなんか残ってますね.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。